ワッキー、がん治療から復帰の真実明かす 相方・ヒデも異変を察知

ワッキー、がん治療から復帰の真実明かす 相方・ヒデも異変を察知

  • しらべぇ
  • 更新日:2021/05/03
No image

2日、お笑いコンビ・ペナルティの公式YouTubeチャンネル「ペナルティちゃんねる」が更新。中咽頭がん治療のため休養をしていたワッキーが2月の復帰までの経緯を語った。

■相方から見ても不調だったワッキー

「ワッキー本人が復帰までの真実を初告白、そして今後について」と題し、動画を投稿。昨年6月に入院したことや2月14日に復帰のYouTube撮影をしたこと、3月29日にルミネに復帰したことを振り返った。

ヒデは、「あのときもつらかったでしょ?」と異変を感じていたことを明かすとワッキーは頷きつつ「毎日、喉がカラカラになるし、水を毎日用意している」と答えた。

ネタをいきいきやっていたと2人で振り返るも、ヒデから見ても、ワッキーは本調子でないように感じていたようだ。

関連記事:ワッキー、休養から復帰 相方のヒデが「最初にかけた言葉」に反響

■退院後も多くの悩みが

ワッキーは「8月に退院して、9月・10月に復帰できると思っていたけど、治療との相性が悪くて…退院した後も喉がとにかく痛くて、唾液が出ない。そういう状態が続いて…」と退院後の悩みを吐露。

すぐに復帰できると思っていたワッキーだったが、そういったことが続いた結果、精神的に一気に落ち込んでしまったことがあり、それが長引いてしまったようだ。

2月にはなんとか復帰できたものの、現在はまた精神状態が悪くなってしまっているようだ。

今後の活動について、「自分の精神状態と向き合いながらヒデさんとも話し合い、ゆっくりのペースでやりたい」と報告した。

■エール相次ぐ

今までの経緯を明かしたワッキーに対し、「自分のペースで治していってください!」「応援してます! 話してくださってありがとうございます」「体調と相談しながらゆっくり仕事してください。みんな待ってます」とファンから温かいエールが続出した。

退院後にも関わらず、治療との相性が悪かったり、自身の思うように活動ができなかったり、精神的に参ってしまっても当然だろう。元気になるまで無理をせず、彼自身のペースで歩んで欲しい。

・合わせて読みたい→志尊淳、急性心筋炎で3週間程度の休養を発表 「病状は改善傾向」

(文/しらべぇ編集部・Aomi

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加