【プラタナス賞】タイセイアゲイン 好位から抜け出しV!松山「これからが楽しみ」

【プラタナス賞】タイセイアゲイン 好位から抜け出しV!松山「これからが楽しみ」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/10/19

東京9R、2歳1勝クラスのプラタナス賞は、3番人気のタイセイアゲイン(牡=松下、父パイロ)が好位から抜け出して勝利。松山は「スタートが良かったし、前向きさがあった。道中競られる形でも我慢してくれた。直線も前が空くとスッと入ってくれた。これからが楽しみ」と高評価。松下師は「装鞍所で悪かったが、パドック、返し馬、競馬ではお利口さんでした。JBC2歳優駿(11月3日、門別)に登録はしますが、装鞍所のようにテンションが上がるようだと…」と不安を口にしていた。

No image

<東京9Rプラタナス賞>レースを制したタイセイアゲイン(右)(撮影・郡司 修)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加