牛ふんのコロナ治療効果否定の活動家、インド最高裁が釈放命令

牛ふんのコロナ治療効果否定の活動家、インド最高裁が釈放命令

  • AFPBB News
  • 更新日:2021/07/21

インド首都ニューデリーで配られる、牛のふんや尿などが入ったヒンズー教の伝統的な飲み物「パンチャガビヤ」(2020年3月14日撮影)。

【AFP=時事】インドの最高裁判所は19日、牛のふんで新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は治療できないとフェイスブックに投稿したとして、扇動の疑いで2か月間拘束されていた活動家の釈放を命じた。 ヒンズー教では牛が神聖視されており、ナレンドラ・モディ首相率

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加