“純白”〈ザ・ノース・フェイス〉に隠された秘密!

“純白”〈ザ・ノース・フェイス〉に隠された秘密!

  • Safari Online
  • 更新日:2022/05/19

爽やか&清潔感を印象づけるのに間違いないのが“白”。Tシャツやシャツだけに限らず、これからの時期は特に積極的に取り入れていきたい。そこでご紹介したいのが〈ザ・ノース・フェイス〉の“アンダイド コレクション”。とにかく真っ白なインパクトがすごくて、ご覧のとおり、アイテムのボディはもちろんお馴染みのブランドロゴまで真っ白といった具合。そして! そこには、ちょっと面白い今どきな秘密も隠されている!

No image

この“アンダイド コレクション”は、実はすべてのアイテムを無染色の仕様にしたもの。多くの水を使用する染色工程を省くことで、環境への負荷を製作過程で削減しているのだ。つまりこの純白ボディは、とってもサステナブルだってこと。お洒落なミニマルデザインが、実はサステナブルに紐づいているなんて、今どきな感じで面白いでしょ? ここでは、そんな“アンダイド コレクションから4つのアイテムをピックアップ。是非チェックしてみて!

[ザ・ノース・フェイス]
THE NORTH FACE

No image

“アンダイド トライアンフアノラック”3万6300円(ザ・ノース・フェイス/ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)

こんな爽やかアノラックなら、
海にも着て行けそうじゃない?

ハーフジップという旬なアイテムのアノラック。ゴアテックス素材とリサイクルポリエステルの無染色基布などの組み合わせにより、適度なハリ感を表現している。シルエットはややゆったりめで、しかもコンパクトに収まるパッカブル仕様。ナイロンハーフパンツを合わせて、朝のランニングなんてシーンにもよさそうだ。

No image

“アンダイドGTXジャケット” 3万8500円(ザ・ノース・フェイス/ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)

都会派も絶対気に入る
真っ白ジップアップ!

定番のジップアップタイプも先ほどのアノラックと同じ素材構成。〈ザ・ノース・フェイス〉といえば2色使いのバイカラーがお馴染みだけど、真っ白になるとやはり新鮮味が強い。こうなると、アウトドアというよりアーバンライク。スマートな印象が強いので、都会派のおメガネにもきっと叶うはず。せっかくなら、ボトムも白を選んで、爽やかさ抜群のスポーティコーデを楽しみたい!

No image

“アンダイドキャップ”6600円(ザ・ノース・フェイス/ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)

ゴアテックスキャップも
普段のカジュアルに合わせやすい!

キャップには、ゴアテックス素材のみを使用。スベリ部分には、繊維に付着したバクテリアの繁殖を抑え、汗による匂いの発生を防ぐポリジン加工を施した。もちろん、キャップバック部分の“GORE-TEX”ロゴもボディと同色の真っ白。これはスタイリッシュ!

No image

“アンダイド ハット”7150円(ザ・ノース・フェイス/ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)

真っ白なお洒落バケハを
ゴアテックスで楽しめる!

最後はキャップの中でも昨今ブームになっているバケットハット。生地や防臭効果は、先ほどのキャップと全く同じ。街だけでなく、自然の中で楽しむアクティブなシーンでもバケハスタイルを楽しめる。夏コーデのアクセントとしても使っていきたい。

INFORMATION

ゴールドウイン カスタマーサービスセンター
TEL:0120-307-560

写真=丸益功紀 スタイリング=遠藤亮輔
photo : Kouki Marueki(BOIL) styling : Ryosuke Endo

Safari Online 編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加