パナソニック、光学30倍ズームデジカメ「LUMIX DC-TZ95D」 背面液晶を高精細化

パナソニック、光学30倍ズームデジカメ「LUMIX DC-TZ95D」 背面液晶を高精細化

  • マイナビニュース
  • 更新日:2022/11/25
No image

パナソニックは11月25日、光学30倍の高倍率ズームレンズを搭載するコンパクトデジカメ「LUMIX DC-TZ95D」を発表した。2019年4月発売の「DC-TZ95」の小改良モデルで、背面液晶を従来の104万ドットから184万ドットに高精細化した。それ以外の機能や装備に変更はない。予想実売価格は57,000円前後で、発売日は12月15日。

「EOS R7」濃厚レビュー前編 APS-C機で使うRF800mm F11の“病みつき”ぶり

233万ドットの電子ビューファインダーと180度チルト式の背面液晶を搭載する高倍率ズームデジカメ。すでに販売を終了したDC-TZ95をベースに、背面液晶の仕様変更を実施した小改良モデル。104万ドットから184万ドットに高精細化され、より精細な表示が可能になった。デザインやレンズ、装備など、液晶パネル以外はDC-TZ95と変わらない。カラーはブラックとホワイトの2色。

磯修

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加