NVIDIA、329ドルの「GeForce RTX 3060」発表 - 新定番を掲げるミドルレンジGPU

NVIDIA、329ドルの「GeForce RTX 3060」発表 - 新定番を掲げるミドルレンジGPU

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/01/13
No image

米NVIDIAは1月12日(現地時間)、オンラインイベント「GeForce RTX: Game On」を実施し、Ampereアーキテクチャを搭載するミドルレンジGPU「GeForce RTX 3060」を発表した。既に発売されているGeForce RTX 3060 Tiに続くミドルレンジモデルとなる。全世界で2月下旬から発売を予定しており、価格は329米ドルから。

NVIDIA、GeForce RTX 30シリーズ発表 - RTX 3090/3080/3070の3モデル

「Ampereのパワーを全てのゲーマーに届ける」という第2世代RTXシリーズのミドルクラスGPU。Steamで最も人気なグラフィックスカード「GeForce GTX 1060」からのリプレースを図るモデルとなっており、同社はこれまで旧モデルが長年にわたって高い品質での1080pゲーミング体験を提供してきたと説明。しかし「Watch Dogs: Legion」のような最新AAAタイトルではパフォーマンスが不足しており、レイトレーシングやDLSSも使用できない。そこで新ミドルクラスGPUであるGeForce RTX 3060をリリースし、全てのゲーマーにAmpereアーキテクチャのパワーを提供するとしている。

主な仕様としては、NVIDIA AmpereアーキテクチャのCUDAコアを3,584基搭載し、ビデオメモリに12GB GDDR6を組み合わせる。リファレンスモデルのブーストクロックは1.78GHzで、13 Shader-TFLOPS、25 RT-TFLOPS、101 Tensor-TFLOPSを実現。GeForce GTX 1060比で2倍のラスターパフォーマンスと、10倍のレイトレーシングパフォーマンスを備えるという。既に販売中のGeForce RTX 3060 Tiと比較すると、CUDAコア数が少ない代わりにブーストクロックが高く、ビデオメモリを多く搭載している。

原修一郎

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加