伝統パスタ離れが進む英国で健康志向のカラフルなパスタに注目

伝統パスタ離れが進む英国で健康志向のカラフルなパスタに注目

  • 日本食糧新聞電子版
  • 更新日:2020/05/26

いま英国では色鮮やかでカラフルなパスタが食卓を飾っている。豆類を含む野菜や玄米などで作られた栄養豊かなパスタは、卵と小麦粉でできた伝統的なパスタの代替品として、健康志向の人々に注目されている。人気の背景と商品を紹介する。

豆や野菜の天然色を反映

英国では伝統的なパスタの人気が落ち込み、全粒粉を含むものやグルテンフリーのベジタリアン用パスタが売上げを伸ばしている。最近では、豆類、栄養価の高い雑穀類、野菜を材料に使ったパスタの種類が増えている。特に豆類では、ひよこ豆、レンズ豆、枝豆、黒豆を使った商品が目立つ。

ひよこ豆やレンズ豆、枝豆、黒豆、ホウレンソウなどの材料で作られたパスタは、独自の天然色が反映してカラフルだ。形や大きさもさまざまであり、レシピの幅も広がるに違いない。

このようなパスタの多くは、小麦粉と卵使用のパスタよりも食物繊維が4倍多く、炭水化物が30%少ない。カロリーや栄養効果は材料次第で異なる。小麦粉をたくさん含むパスタよりも血糖値の急激な上昇を防ぎ、食物繊維が多く、糖質の摂取を抑え、地球保護に貢献できるといった点で消費者にアピールしている。

参考サイト:
Pastas made from lentils, mung beans and carrots are suddenly popular – but do they taste any good? The Guardian(英語)

食物繊維もたっぷり

いくつかの商品を紹介する。赤レンズ豆で作ったペンネは、独特の匂いはほとんど感じない。ゆで上がりは伝統的なパスタよりも硬めである。100g中にタンパク質12.4g と食物繊維3.6gが含まれている。

No image

赤レンズ豆のペンネ(Sainsubury)

ひよこ豆のファジルは有機栽培のひよこ豆で作られている。100g中にタンパク質20gと食物繊維8.5gが含まれている。

No image

ひよこ豆のファジル(Napolena)

グリーンピースのファジルはグリーンピースの粉で作られている。100g中にタンパク質11gと食物繊維3.8gが含まれている。

No image

グリーンピースのファジル(Sainsbury)

枝豆スパゲティは有機栽培の枝豆で作られている。100g中にタンパク質45.9gと食物繊維20.4gが含まれている。

No image

枝豆スパゲティ(Explore Asian Cuisine)

グルテンフリーやダイエットに関心の高い英国人

ではなぜ、このようなパスタが増えているのだろうか?

英国では、肥満や食べ過ぎ、心血管系疾患の問題が深刻であり、健康への関心が年々高まっている。そのため、食生活を見直し本気で改善したいと願う人々が多い。また、炭水化物を減らし、体重削減を目指すダイエット法もブームとなり、伝統的パスタ離れのトレンドに拍車をかけている。

No image

イギリスのパスタ売場

3年前には、ニンジンやズッキーニなどを使ったスパイラルパスタが流行した。これは野菜をスパイラル状に切り、パスタの代わりに食べるというものである。このように矢継ぎ早に次々と訪れたトレンドは、パスタの売上げにも反映している。英国で2009年に41万トンだったパスタの売上げは、2017年に6万トンまで減少したのだ。

現在のトレンドは、ロカボ・ダイエットをかなえるベジタリアン用パスタである。ベジタリアンやビーガンへと食生活を切り替えたり、グルテンフリーやダイエットに関心の高い英国人には、最適なパスタとして受け入れられているようだ。

投稿伝統パスタ離れが進む英国で健康志向のカラフルなパスタに注目日本食糧新聞電子版に最初に表示されました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加