Da-iCE公演延期、急性疼痛性頚部拘縮で療養中の大野雄大の状態踏まえ

Da-iCE公演延期、急性疼痛性頚部拘縮で療養中の大野雄大の状態踏まえ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/11/25
No image

Da-iCE(2016年8月撮影)

5人組ダンス&ボーカルグループDa-iCE(ダイス)は25日、「急性疼痛性頚部拘縮」(とうつうせいけいぶこうしゅく)と診断されて療養中のメンバー大野雄大(32)の状態を踏まえ、28日に開催予定だったコンサートツアーの千葉・舞浜アンフィシアター公演を延期すると公式サイトで発表した。

「いつもDa-iCEを応援いただき誠にありがとうございます。2021年11月28日(日)舞浜アンフィシアターにて開催を予定しておりました<Da-iCE a-i contact tour 2021>に関しまして、1部2部の両部、グッズ販売、ファンクラブブース関連等含めて延期・振替させていただくことを決定いたしました」と報告。

続けて「先日、大野雄大が医師より『急性疼痛性頚部拘縮』と診断を受けてから療養に専念して参りましたが、現時点では激しい動きを伴うパフォーマンスを行うことが難しい状態であることを踏まえ、医師の指示に従いまして上記の判断とさせていただきました」とした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加