WBC米国53歳コーチの打撃練習に衝撃 トラウトの顔も「みんな子供に戻ってる」と話題

WBC米国53歳コーチの打撃練習に衝撃 トラウトの顔も「みんな子供に戻ってる」と話題

  • THE ANSWER
  • 更新日:2023/03/18
No image

打撃練習を行うWBC米国代表のケン・グリフィーJr.打撃コーチ【写真:Getty Images】

打撃コーチの練習に選手が釘付け

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)でC組2位の米国は18日(日本時間19日)、準々決勝(米フロリダ州、ローンデポ・パーク)でD組1位のベネズエラと対戦する。連覇へ向けた練習では、マリナーズなどでメジャー通算630本塁打を放ったケン・グリフィーJr.打撃コーチが豪快なバッティングを披露。マイク・トラウト外野手も少年の顔に戻った画像や動画がネット上で拡散すると、米ファンから「みんな子どもに戻ってる」と反響が集まった。

かつての最強打者が豪快スイングを披露した。打撃ケージに入った53歳グリフィーJr.氏。帽子のツバを後ろに被り、投じられたボールを次々と弾き返した。米国ナインは周りを取り囲み、スマホで撮影する人も。ボールの行方を見上げ、トラウトも笑顔で見送った。ガシャン!と音がした直後、ナインは歓声を上げた。

動画を公開したMLB専門局「MLBネットワーク」インスタグラムは、文面に「The kidのスイングは今でも凄い」と記して投稿。衝撃を受けた様子に対し、米ファンからも驚きの声が相次いだ。

「そして、すぐにみんな子どもに戻ってる」
「子どものようにレジェンドを見つめる選手たちの顔を見て」
「選手たちのワクワクした顔が全てを物語ってるよ」
「野球史上最高のスイング」
「GOAT(史上最高)そのもの」
「素晴らしい」
「今までで一番好きな選手」
「彼を出場メンバーに入れよう」
「完璧」

マリナーズ時代に共にプレーしたイチロー氏と親交の深いレジェンドは健在だったようだ。

(THE ANSWER編集部)

THE ANSWER編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加