モバイルICOCA(仮称)がついに誕生!JR西日本が発表 2023年春予定

モバイルICOCA(仮称)がついに誕生!JR西日本が発表 2023年春予定

  • iPhone Mania
  • 更新日:2020/10/17
No image

JR西日本は、ICカード乗車券「ICOCA」の機能が利用できる「モバイルICOCA(仮称)」(以下、モバイルICOCA)を発表しました。導入開始は2023年春を予定しています。

JR西がモバイルICOCAを発表!

JR西日本が2020年10月16日に「モバイルICOCA」 の構想を発表しました。ICカード版ICOCAと同様に自動改札機やお店での支払いに利用できるのはもちろん、スマートフォンのアプリを通じて、駅に行くことなく、定期券の購入やチャージができるようになる予定です。

モバイルICOCAでなにができる?

モバイルICOCAで予定されているサービス内容は以下のとおりです。なお、以下の内容は検討中のものであり、変更となる可能性があります。

定期券の購入・払い戻し、チャージなどがスマートフォンのアプリ操作でできるようになります。

自動改札機やお店での支払いで、スマートフォンを読み取り部にタッチするだけで利用できます。

チャージ残額、利用履歴などをスマートフォン画面上で確認することができます。

登録したクレジットカードから、定期券の購入やチャージを行えます。

東海道・山陽新幹線の「スマートEX」、北陸新幹線の「新幹線eチケットサービス」の交通系ICカードとしてモバイルICOCAを登録することで、新幹線の予約、支払い、乗車をスマートフォン1台で利用可能になります。

SMART ICOCAがよりスマートに!

「SMART ICOCA」とは、ICOCAと同じくICカード型の乗車券ですが、現金なしでクレジットカードからチャージをすることができるICOCAです。

駅に設置された「クイックチャージ機」や「ICOCAマークのある入金機」「自動券売機」などにカードを挿入して希望のチャージ金額を選択するだけで、紐付け登録されたクレジットカードにチャージされます。

ほかにも、紛失しても再発行が可能であったり、Webで利用履歴・ICOCAポイント履歴の確認ができるなど、通常のICOCAの上位互換にあたる存在とも言えます(一部定期券は利用できません)。

今でも、このように便利なサービスを利用できますが、モバイルICOCAが誕生すれば、スマートフォン上でより便利にICOCAの管理をすることができるでしょう。

Source:西日本旅客鉄道
Photo:西日本旅客鉄道
(藤田尚眞)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加