麒麟・川島、影響を受けた芸人を力説 ”ダウンタウン病”から脱却したきっかけは...

麒麟・川島、影響を受けた芸人を力説 ”ダウンタウン病”から脱却したきっかけは...

  • しらべぇ
  • 更新日:2021/06/11
No image

10日深夜放送『川島・山内のマンガ沼』(日本テレビ系)で麒麟・川島明が「影響を受けた芸人」について力説した。

◼藤沢とおる氏にアンケート

川島とかまいたち・山内健司が大好きなマンガについて語る同番組。

この日は、『湘南純愛組』『GTO』など実写・アニメ化もされた数々のヒット作を生み出した藤沢とおる氏に、川島と山内が「聞きたいこと」アンケートを実施。その答えを受けて2人がトークを展開していく。

関連記事:かまいたち山内健司、作者が明かす『GTO』裏話に興奮 『特攻の拓』を参考に

◼影響を受けたのは…

「影響を受けたマンガ家はだれですか?」との問いに、藤沢氏は『AKIRA』の大友克洋氏や『TO‐Y』の上條淳士氏の名を挙げた。

ここから川島・山内が影響を受けた芸人の話題に。山内は「僕はダウンタウン。島根・松江市ではダウンタウンとウッチャンナンチャン、とんねるずの3本柱で回っていた」と地元のテレビチャンネルではこの3組しか映っていなかったと主張する。

◼「ダウンタウン病」だった川島

川島は「当然、とんねるず・ダウンタウン・ウンナン(に影響受けたの)は一緒やけど、この世界に入ってからはザキヤマ」とアンタッチャブル・山崎弘也に大きな影響を受けたと告白する。

「4時間特番でずっとしゃべってるのを隣で見て、とんでもないスタミナしてるなって(感心した)」「オンオフがない」とザキヤマの魅力を熱弁。

斜に構え、オンオフを切り替えながら本番で大爆笑を生み出すダウンタウン・松本人志のクールな姿に憧れる「ダウンタウン病」に川島もかかっていたが、ザキヤマの「楽屋からマックスで本番さらにマックスになる」姿勢に影響を受け、「楽屋から楽しむようになった」と明かした。

◼ネットでは「名コンビ」

天才・松本人志に憧れた芸人は多いが、川島や山内もその1人。そんな川島にさえ、松本と対極にあるようなザキヤマの明るさは影響を与えたようだ。

視聴者からは「ダウンタウン病ってホントエグいんだな、このあたりの世代は特に。30代後半40代の芸人はもれなくダウンタウンに犯されてたと」と驚く声が。

ネットでは川島とザキヤマに言及する声も多く、「バラエティにおいての信頼度が高すぎる」「ザキヤマと川島さんの安定感がすごい」「川島さんとザキヤマの相性めっちゃ良かった」といった好意的な意見が散見されている。

・合わせて読みたい→麒麟・川島明、一押しマンガ『チ。』作者・魚豊に疑問 「天才ぶってるのかな?」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加