ここはまさにホグワーツ! 「ハリー・ポッター」の世界を忠実に再現した「ホグワーツ・レガシー」に酔いしれた

ここはまさにホグワーツ! 「ハリー・ポッター」の世界を忠実に再現した「ホグワーツ・レガシー」に酔いしれた

  • GAME Watch
  • 更新日:2023/01/25

【ホグワーツ・レガシー】

2月10日 発売予定

※PS4/Xbox One版は4月4日発売予定

※Switch版は7月25日発売予定

【価格】

通常版:

PS4/Xbox One/PC版 8,778円(税込)

PS5/Xbox Series X|S版 9,878円(税込)

Switch版 未定

デラックス・エディション:10,978円(税込)

No image

2月10日に発売されるプレイステーション 5/Xbox Series X|S/PC向けオープンワールド・アクションRPG「ホグワーツ・レガシー」。本作は、現代と魔法の世界を畫いたファンタジー小説「ハリー・ポッター」シリーズの世界を舞台としたアクションRPG。小説に登場する魔法学校ホグワーツを中心に、魔法の世界がオープンワールドで再現されている。

本作の開発者のインタビューも別途掲載しているが、それとは別に本作に用意されているいくつかのクエストやミニゲームを体験できたので、こちらではプレイレポートをご紹介していこう。

今回体験できたのはキャラクターメイキングとミニゲーム「呼び寄せ試合」に加えて、クエスト「杖十字会:第1ラウンド」や「炎と悪事」といった、魔法を使ったアクションを楽しめるクエストだ。ゲームの序盤をそのままプレイしたのではなく、メーカー側に用意していただいたコンテンツをプレイした形となる。

「ハリポタ」ファンにとっては、「ハリー・ポッター」の世界観が忠実に再現されたホグワーツ城を探索するだけで楽しめる本作。もちろんファンでない方も楽しめるようなゲームになっていたので、本稿で紹介していく。

【Hogwarts Legacy - Official Cinematic Trailer 4K】

関連リンク

「ホグワーツ・レガシー」、「ハリー・ポッター」の世界はこうして再現! テクニカルゲームデザイナーのスティーブン・ドナ氏をインタビュー

まずはキャラクターメイキング! メガネの有無も選べる

「ホグワーツ・レガシー」のスタートはキャラクター作成からだ。男女別にキャラクターが用意されており、大まかな姿や鼻の形、目の形、顔の輪郭、メガネの有無、肌の色、髪型、顔の傷痕、眉毛の形といった項目を変更できる。最後にしゃべるトーンと難易度、キャラクターの名前、寮の寝室(魔女か魔法使い)を決めたらキャラメイクは終わりだ。

No image

男女や大まかな姿形を選べる

No image
No image

女性のプリセットはこんな感じ

No image

鼻や目の堀りの深さなどを決められる

No image

眼鏡をかけられるのはさすが「ハリー・ポッター」

No image

髪型も数多く用意されている

No image

顔の傷痕の他、肌の質感やそばかす、ほくろの様子を決められる

No image

ここでは目の色や眉毛の形を決められる

No image

名前や音声を決めたらキャラメイクは終了だ

いよいよホグワーツ城へ! 夢にまで見た魔法界の住人に

そしてホグワーツ城に入り、魔法界での生活がスタートする。歩いて移動するだけでなく、もちろん箒に乗って空を飛ぶことも可能だ。

No image

門をくぐったらホグワーツ城へ

No image

箒に乗って空を飛んでみた

ホグワーツ城では「呼び寄せ試合」を遊べる。リアンダー・プルウェットに話しかけるとプレイできるミニゲームだ。呼び寄せ試合は、ボールに「アクシオ(自分のもとに物体を引き寄せる呪文)」をかけて手前に引き、得点エリアに置くというもの。しかしこれが意外と難しかった……。アクシオを唱えて止めたい位置で魔法を解けばいいのだが、少し修練が必要だと思う。単純なのに奥が深い。

No image

ここが呼び寄せ試合をできるエリア

No image

はい。技術がかなり必要でした

No image

目的のボールにアクシオをかけて引き寄せる

No image

最後になってやり方がわかってきたが、結局30-80で負け

外を見回ったあとは城内に入ってみたのだが、城の壁の質感や置かれている彫刻など、まさに「ハリー・ポッター」の世界。ファンが十分に納得できる作りとなっている。

No image

ホグワーツ城の中

No image

天井も細かく作られている

【ホグワーツ城を探索!】

飛んでいってしまった本を回収するクエストに挑戦

そして次はクエスト「飛ぶように軽い」をプレイする。クレシダ・ブルームの飛んでいった本5冊を回収してほしいというクエストだ。図書館に入ると本が飛んでいるのが見える。この本に対してアクシオをかけて回収していけばいい。本を見つけたら近くによってアクシオ。特に困ることもなく、すんなりと集まる。

No image

呪文を唱える際にラテン語の“羽根”と“鳥”を間違え、本が飛んでしまったという。とんだお騒がせものだが、「ハリー・ポッター」に出てきそうなエピソードとも言える

No image

本が飛んでいる。これに魔法をかける

No image

アクシオをかけて手元に引き寄せる

No image

本当に勘弁してくださいね

【クエスト「飛ぶように軽い」をプレイ!】

決闘クラブで魔法合戦!

続いて杖十次会:第1ラウンドのクエストに移る。これは「杖十次会」という秘密の決闘クラブで、学校の仲間たちと魔法で戦うというクエストだ。

ホグワーツ城の中にいるルーカン・ブラトルビーに話しかけるとプレイできる。最初はセバスチャンとのペアで戦うが、1人で戦ったり、パートナーを連れてきて戦ったりなど、変化していくようだ。

決闘だが、浮遊呪文「レヴィオーソ」や「アクシオ」で相手のシールドを外してから、こちらの魔法で攻撃し、そこからR2を連打してコンボをつなげていくのが基本の戦い方になりそうだ。相手の魔法攻撃が来る際にはアイコンが表示されるので、防御魔法でそれを防ぐ。

いきなり決闘に放り出されたのでどのように戦っていいものかわからなかったが何とか勝利した。しかし魔法攻撃のやり方は訓練が必要だと思う。

No image

まずはセバスチャンとのペアで戦う

No image

いざ決闘へ

No image

レヴィオーソで防御を外す

No image

そして攻撃へ

No image

何とか勝利

【クエスト「杖十次会:第1ラウンド」で魔法使いの決闘を体験】

巨大なドラゴンが登場! 密猟者を探るクエスト「炎と悪事」をプレイ

その次にプレイできたのが「炎と悪事」というクエストだ。これは「ホーンテール・ホール」という、密猟者が関係する何かを探るというもの。ポピー・スウィーティングと一緒にクリアを目指すことになる。

奥に入っていくと密猟者たちがいた痕跡が見つかる。この先には何が待ち受けているのだろうか。

No image

密猟者が知る「ホーンテール・ホール」とは

No image

途中にケンタウルスが登場。魔法族にいい感情を抱いていない

No image

密猟者たちがいた痕跡を見つける

No image

その先に密猟者たちがいるのだろうか

さらに進んでいくと、密猟者たちを発見する。見つからないように、透明になれる「目くらまし術」の魔法をかけて近づいていく。このときだが、透明になっていても敵の正面に位置してしまうと見つかって戦闘となってしまった。なるべく見つからないようにしなければいけないのだが、それが難しい。

ステルスゲームのように敵の視角に入らないよう移動すればいいのかもしれないが、習熟する時間もなかったので今回のプレイではあっさりと見つかって戦闘に。それはそれで楽しかったのでいいかも。

No image

まずは目くらまし術で透明化

No image

敵の正面に入ってしまうと見つかる

No image

そして戦闘へ。全ての敵を倒さないと先に進めない

敵を倒したあとは密猟者のテントの中に入ることに。そこで見たのは、ドラゴン同士を戦わせて楽しんでいる密猟者たちだった。これをやめさせるためにも、ドラゴンを解放しなければいけない。ここでも再び目くらまし術で透明化して先に進んでみたのだが、先ほどと同じですぐに見つかってしまったため戦闘になるのは必定か。

No image

ドラゴンが戦い合っている

No image

「ホーンテール・ホール」とはドラゴンの闘技場だった。これに憤るポピー

No image

なるべく敵に会わないように進む

そして、捕まえたばかりのドラゴンを魔法で弱らせて、言うことを聞くようにしている場面に遭遇する。このドラゴンを助けなければ。このクエストの終盤で起きる一大イベントだ。

No image

ドラゴンに魔法をかけている密猟者たち

途中、ドラゴンの卵が入っているカゴを発見。これを解放するには鍵を解く必要がある。左右のアナログスティックで赤と緑の花火を合わせて解錠しなければいけないのだが、難しかった……。

No image

ドラゴンの卵を発見

No image

鍵を解錠しなければ卵をゲットできない

No image

解くと無事卵を奪える

そして最後、密猟者たちとの戦闘に。数も多いし敵も強いのでかなりの難関で、3回ほど倒されてしまった……。

特に、最後に出てくる中ボスには苦しめられた。難易度を「ノーマル」から「ストーリー」に下げると、次にどのボタンを押せばよいのか画面に表示されるようになるので、ガードも攻撃も簡単になる。アクションゲームが苦手な人は、ストーリーの難易度でプレイすることをオススメする。それでもこのゲームは十分に楽しめるはずだ。

No image

ひたすら敵を倒す

No image

難易度をストーリーに設定すると、このようにどのボタンを押せばよいのか表示されるようになる

No image

苦しめられた中ボス「密漁組合の動物もどき」

敵を全部倒すと勝利だ。最後にアクシオでドラゴンの鎖を解き放てばクエストは終了だ。

No image

アクシオで中央にある鍵を外そう

No image

ドラゴンの炎で焼かれていく密猟者たち

No image

そしてドラゴンは飛び去っていった

「ハリー・ポッター」の世界観を忠実に再現しているゲーム

今回はクエストをいくつかプレイできただけだったが、「ハリー・ポッター」の世界をよく再現しており、とても楽しめた。ホグワーツ城は雰囲気たっぷりだし、クエストにしても、あの世界では確かにこういうことが起こるよなあと思えるものばかり。

本作は「ハリー・ポッター」シリーズのファンであればもちろんだが、「ハリー・ポッター」を知らないという人でも、魅力的な世界観と、魔法を使ったアクションを楽しめるはずだ。オープンワールドということもあって、今回体験したクエスト以外にも、どれだけ多く、そして様々な出来事を体験できるのか、今から期待してしまう。2月10日の発売が待ち遠しい限りだ。

HOGWARTS LEGACY software © 2023 Warner Bros. Entertainment Inc. Developed by Avalanche Software. WIZARDING WORLD and HARRY POTTER Publishing Rights © J.K. Rowling. PORTKEY GAMES, HOGWARTS LEGACY, WIZARDING WORLD AND HARRY POTTER characters, names and related indicia © and ™ Warner Bros. Entertainment Inc.

今藤弘一

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加