なにわ男子、黒柳徹子を前に緊張の自己紹介「結婚式の挨拶みたい」

なにわ男子、黒柳徹子を前に緊張の自己紹介「結婚式の挨拶みたい」

  • テレビドガッチ
  • 更新日:2021/11/25
No image

なにわ男子(藤原丈一郎、西畑大吾、大橋和也、高橋恭平、大西流星、道枝駿佑、長尾謙杜)が、11月24日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系、毎週月曜〜金曜 13:00〜)に出演。緊張の面持ちで黒柳徹子とトークを繰り広げた。

【動画】『徹子の部屋』の最新回を視聴する

デビューシングル「初心LOVE(うぶらぶ)」のMVは、1か月足らずで1100万回以上の再生数を突破。「日割りにすると1日40万回ほど」という黒柳の言葉に、メンバーは目を丸くしてビックリ。さらに「関西ならではのトークがお上手! そうやろ?」と関西弁で続ける黒柳に「貴重ですよね、徹子さんの(関西弁)」と恐縮する。

昨年、別番組で黒柳と対面した西畑は、「この世界に入って一番緊張したお仕事でした」と当時を振り返ってコメント。「1年後にゲストとして出演させていただけるとは思っていなかった」といい、「めちゃめちゃ嬉しいですし、光栄に思います」と感無量の表情を見せる。

今回なにわ男子は「優しい兄貴!まとめ役系」「かわいさ全開!アイドル系」「心くすぐる!年下男子系」の3つに分かれ、“挙手制”で自己紹介。チャームポイントの決め台詞を交えてのアピールに質問で切り込む黒柳だったが、人数の多さから途中で「あー」と混乱。「7人いるでしょ、それぞれの顔もだいたい覚えたんだけど……」と焦りながらも、覚えるための歌も作ったと披露すると、メンバーは「すごい!」と驚いていた。

後半では、「イマドキ男子の実態」についてトーク。「両親と仲が良い」という話題をきっかけにメンバーと母親との仲良しエピソードや、得意料理のエピソードで盛り上がる。

緊張するなにわ男子と黒柳の会話に、SNS上では「結婚式の挨拶みたい」「自己紹介が挙手制なのは斬新」というツッコミの声が上がりつつ、エピソードの数々に「微笑ましい時間だった」との声が上がっていた。

次回11月25日は「追悼特集」として、千葉真一、瀬戸内寂聴、笑福亭仁鶴らの登場回を振り返る。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加