新型コロナ:島根856人 鳥取635人 (11月25日山陰詳細情報)

新型コロナ:島根856人 鳥取635人 (11月25日山陰詳細情報)

  • 日本海テレビ
  • 更新日:2022/11/25
No image

新型コロナウイルスについて、11月24日の検査で、新たに島根県で856人、鳥取県で635人の感染が明らかになった。

新型コロナウイルスについて、11月24日の検査で、新たに島根県で856人、鳥取県で635人の感染が明らかになった。

島根県の内訳は、保健所別に松江295人、雲南76人、出雲275人、県央75人、浜田47人、益田76人、隠岐12人の合わせて856人。

病床使用率は23.3%となっている。

島根県内の感染者数は、11月15日におよそ2か月ぶりに800人を上回った。その後も日によって変化は大きいものの増加傾向となっている。

島根県では新たに2件のクラスターが発生。

出雲市の文化活動で36人。松江保健所管内の高齢者福祉施設で10人となっている。

また島根県は、新型コロナ患者3人が亡くなったことを発表した。

一方、鳥取県の内訳は保健所別に鳥取市保健所管内287人、倉吉保健所管内166人、米子保健所管内182人の合わせて635人で、県東部での感染拡大が目立っている。

病床使用率は36.8%となっている。

11月23日におよそ3か月ぶりに700人を超える感染者が発表された鳥取県。25日の635人は、ことし9月以降で2番目に多い数となっている。

鳥取県では新たに2件のクラスターが発生。

米子高専で13人、米子市の高齢者福祉施設で6人となっている。

また鳥取県は、新型コロナ患者2人が別の疾患により亡くなったと発表した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加