アストンマーティンF1、BMWモータースポーツ部門のボスを新チーム代表に任命。ベッテルとは昔馴染み

アストンマーティンF1、BMWモータースポーツ部門のボスを新チーム代表に任命。ベッテルとは昔馴染み

  • AUTOSPORT web
  • 更新日:2022/01/14
No image

アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チームは、1月14日、新チーム代表に、BMW Mモータースポーツのディレクターを務めたマイク・クラックを任命したことを発表した。チームは1月5日、チーム代表オットマー・サフナウアーが離脱したことを明らかにしている。

クラックは2014年から、BMWにおいて、フォーミュラE、GT、IMSAを含むモータースポーツ部門の責任者を務め、LMDhプログラムもリードしてきた人物。BMW時代以前には、ポルシェでモータースポーツ部門の上級職を務め、それ以前には、ザウバー/BMWザウバーにおいてF1に携わった経験もある。

クラックは、アストンマーティンのドライバーであるセバスチャン・ベッテルがBMWザウバーのテストドライバーを務めていた2006年から2007年半ばまで、エンジニアとして共に働いていたという。

No image

アストンマーティンF1のチーム代表に就任したマイク・クラック

「アストンマーティンは世界で最も偉大な自動車ブランドのひとつであり、その輝かしい名前にふさわしいF1での成功を実現するための主導的役割を求められたことは、大きな挑戦である。この挑戦をエネルギーと熱意をもって受け入れる」とクラックはコメントしている。

「これからチームと共に懸命に働いていく。我々は勝つことを望んでいる。協力し合ってそれを成し遂げていこう」

チームのチェアマンであるローレンス・ストロールによると、クラックは、グループCEOのマーティン・ウィットマーシュの直属として、技術および運営部門を率いていくということだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加