天真爛漫美女・星なこがAVデビュー 現場スタッフの前を裸で歩くとまさかの展開に...

天真爛漫美女・星なこがAVデビュー 現場スタッフの前を裸で歩くとまさかの展開に...

  • しらべぇ
  • 更新日:2020/09/16
No image

ミリオン専属の新人AV女優・星なこ(ほしなこ)が、9月11日よりデビューを果たした。担当者も「新人ながら現場のムードメーカーなんです」というように、明るく元気なキャラが特徴的で、今回のインタビューも瞬時にアットホームな空間にしてしまう。

そんな彼女だが、撮影現場で密かにショックを受けた出来事があったそうで…。

画像をもっと見る

■名前の意味は後付け?

No image

AV女優の顔ともいえる芸名。何かの意味が込められているケースも多々あるが、彼女の場合はそうでもないらしく…

星:元々「なこ」って名前を使いたくて、その後名字を決めたらグラドルの方と被っていたみたいで。それで事務所の方々と話し合って「星なこ」という名前に決まりました! だから正直あまり意味はなくて…(笑)

———なるほど(笑)ちなみに、別名が「STAR CHILD」とのことですが、それは今後星のように輝いていく! みたいな思いが込められてたり…?

星:そうなの…かな? でも、最初は「星なこ=星な子=STARなCHILD」っていうのが始まりで、その後スターにかけて『スター・ウォーズ』好きキャラとか、「スターを目指していく」みたいな設定が後付けされた感じです(笑)『スター・ウォーズ』が好きっていうのは本当なんですけど。

———確かに、今日も『スター・ウォーズ』のTシャツ着てますもんね!

星:あ、これ『ストレンジャー・シングス』なんです…(笑)

関連記事:新人AV女優・夏目響、偶然出会ったファンに「内緒ですよ…」と神対応

■「家にこもって1日4本!」

No image

インタビューを進めていくうちに度々出てくるのが映画の話。そこで、映画をよく観るかを尋ねると「はい!」と即答だった。

星:映画好きなんです! ホラーとかオカルトが好きなんですけど、他にも恋愛、アクションとか洋画、邦画関係なく何でも観ます。「家にこもって1日4本!」みたいな時もありますよ。

映画好きが高じてか、彼女のデビュー前の宣伝ではクオリティの高い『スター・ウォーズ』のパロディが採用されていた。その際、彼女の手には赤いライトセーバーが。

星:私『スター・ウォーズ』はダークサイド側のキャラクターが好きで、とくにアナキン(スカイウォーカー)は大好きなんです! たまたまだったと思うのですが、赤のライトセーバー持てて嬉しかったなぁ。

■隠れた魅力は「ギャップ」

彼女のツイッターから天真爛漫な印象を受けていたが、実際に話してみると完全にイメージ通り。インタビューの少し前には、楽しみながらおにぎりを食べていたらしく…。

星:これ、さっきここでやってたんです(笑)でも、私自撮りが苦手なんですよ。いまだにチェキ求められるとピースしかないですし。だからこういうふざけた写真が多いかも…。

明太子おにぎり美味しい🍙🍙🍙 pic.twitter.com/vULRwoIg8j
— 星なこ 9/11 million専属女優としてAVDEBUT‼ (@starcha0720)
September 2, 2020
from Twitter

———ビジュアル的に真面目というか清楚っぽいので、ここまで面白い方だというのは意外でした。

星:あ、でもギャップがあるねってよく言われます! 自分は清楚とは思わないんですけど、「意外と〇〇だね!」って言われることが多いんです。

■AVデビューのきっかけは洋画

No image

性との接点を感じさせない彼女が、AVを意識し始めたきっかけも映画だったのだとか。

星:中学生のときに『トワイライト』ってシリーズの映画にハマってて、異様にキスシーンが多いんですよ。メイキングでも「キスシーンがない日が逆に珍しい」って話が出るくらいキスばっかりで。

キスして倒れ込んで、そこでカットされるみたいな演出ってよくあるじゃないですか。その先は絶対見れないけど、どうしても見たくて…それで我慢できなくて海外のAVを見てしまい、どんどんAVへの興味を持ち始めました。

その後、AV女優さんとかAV男優さんが出ている深夜番組を見て、日本のAVも見るようになっていきましたね。

———海外のAVから見始めるというのも珍しいですね。

星:外国人の方に興味があったんですかね? 街中で外国人の方がいると「ああかっこいい…」ってエロい目で見てました、超変態ですね(笑) ちなみに、初体験も日本とイタリアとイランのクォーターでした。

■妹に背中を押されて

No image

興味があって見るのと、実際にAV女優としてプレイするのでは天と地の差があるだろう。デビューを決意するのに不安や葛藤はなかったのだろうか。

星:ぶっちゃけ、「デビューしよう!」って決めてから動くまでに3ヶ月くらいかかったんですよ。というのも、妹がいるんですけど、その子が今後思春期の男子たちと一緒に過ごす時に、「お前のお姉ちゃんAV女優なんだろ」って言われたらって考えて。

実際にそのことを妹に聞いたら、「別にお姉ちゃんがやりたいと思うならいいんじゃない?」って言ってくれて…大人びた子なんですよ〜。妹が後押ししてくれました。

■「私が現場で裸で歩いていても…」

No image

初めて撮影は、緊張のあまりガチガチになってしまうという話もよく聞くが、彼女は予想外のポイントに緊張していたようで。

星:カメラが自分を追いかけている、仕事現場の中心が自分ってことに緊張してましたね(笑)ただ、現場で裸になることとか、プレイに関する緊張は意外となかったかも…。

———ということは、「前日に緊張でご飯が喉を通らない…」ってほどではなかった?

星:あ、はい! 全然しっかり食べて寝ました(笑)。ただ、逆に2本目3本目の撮影は楽しみすぎて寝れなかったです、ディズニーランド行く前みたいな感じでした。

事前に台本をいただいて、そこで妄想するんです。その時に憧れていた男優さんとかがいるとやったー! みたいな。

———逸材だ…ちなみに現場で予想外だったことはありますか。

星:すっごい平常心なんですよみなさん。私が現場で裸で歩いていても、全然気にしない…。あと、さっきここでチェキを撮るからパンツ姿になったのに誰も見向きもしない!! 普通目ぐらいいくじゃないですか!!

マネージャー:次からは気を使って見るね(笑)

星:それはそれでつらい…(笑)

■一番の演技はまさかの…

No image

難なく撮影をこなせているという彼女。あまりにもポテンシャルがありすぎて、監督からも「余裕だったでしょ」と言われてしまったのだとか。

星:フィニッシュを迎えた時にぐったりしたような感じで感想を言う流れだったんですけど、全然体力が有り余りすぎて…一番頑張った演技は「最後に疲れた感」を出すことっていう(笑)

マネージャー:全然疲れてなくて、ずっとニヤニヤしてたよね。

———それを踏まえて見たら、そのシーン笑ってしまうかもしれないです…。

星:確かに、笑っちゃうかも! だから、みなさんにもクスッとしてもらえたら嬉しいです(笑)

・合わせて読みたい→ガード固すぎAV女優・加美杏奈 ノーベルAV賞ものの攻略法が発覚してしまう

(撮影・文/しらべぇ編集部・ステさん取材協力/星なこ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加