てんちむ、卵子凍結を延期 理由&通院の様子も明かす

てんちむ、卵子凍結を延期 理由&通院の様子も明かす

  • モデルプレス
  • 更新日:2023/01/25

【モデルプレス=2023/01/25】YouTuberのてんちむが24日、自身のYouTubeチャンネルを更新。卵子凍結が延期となったことを報告した。

No image

(写真 : てんちむ(C)モデルプレス)

【写真】てんちむ、壮絶人生に涙

◆てんちむ、卵子凍結を延期

2022年7月に動画内で、高齢出産のリスクを考え、卵巣から採取した質の良い卵子を今後の妊娠に備えて冷凍保存する「卵子凍結」に興味を持っていることを話していたてんちむ。

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)という排卵が起こりにくくなる病気により、生理不順で他の人よりも妊娠がしづらいとも告白していた。

今回の動画では、実際に卵子凍結の準備や検査など、通院の様子を公開。自己注射や薬の服用を定期的に行ったが、2回目の通院にて、採卵を当初予定していたより数日遅らせると延期が決定。理由として、PCOSは卵子の育ちについて「少し遅くなるケースが多くなる」とし、「もう少し大きくしたい」との医師の判断があった。

この延期を受けて、てんちむは「人間の体にマニュアルはないんだな」「次回(で採卵)じゃないか…」と落ち込んだ様子。しかし「徐々に徐々に卵子凍結に向かっているという実感はあります」と前向きに捉えていた。

ほかにも動画では、卵子凍結の準備に対する感想や将来についての考えなどを語っている。

◆てんちむの動画に反響

てんちむの動画には「リアルな情報を届けてくれてありがとう」「勉強になる」「色んな人に見てほしい」と反響が続々と寄せられている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加