前日本フェザー級王者の丸田陽七太がライト級への転級を表明 「2階級上げて上を目指す」/ボクシング

前日本フェザー級王者の丸田陽七太がライト級への転級を表明 「2階級上げて上を目指す」/ボクシング

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/11/25
No image

丸田陽七太

プロボクシング前日本フェザー級王者で、同級3位の丸田陽七太(25)=森岡=が25日、自身のブログでライト級への2階級昇級を発表した。丸田は「たくさんの試合をしチャンピオンになり思い出深い階級ですが、試合の度に大きく強くなる体に、身長180cm! これからも57キロの体を作り試合時、ベストコンディションで戦って行く事を難しく感じました」と理由を説明した。

丸田は昨年2月に王者だった佐川遼(三迫)に7回TKO勝ちして王座を獲得。2度目の防衛戦でもあった5月のWBOアジア・パシフィック・フェザー級王座決定戦、日本同級タイトルマッチで阿部麗也(KG大和)に0-3の12回判定負け。王座から陥落した。この試合で右目を眼窩(がんか)底骨折したこともあり、試合から遠ざかっているが、ライト級で再起する。

「2階級上げて上を目指す。2階級あげる事により、もっと良い動きができます! 試合、リングでイキイキした動きで勝つ姿をこれからも楽しみにしていてください!」と決意をつづった。最後は「あー楽しみや」と自分に期待するコメントで締めた。プロ戦績は15戦12勝(9KO)2敗1分け。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加