キャデラックに高性能な「ブラックウィング」、CT4-V と CT5-V に 2月1日発表へ

キャデラックに高性能な「ブラックウィング」、CT4-V と CT5-V に 2月1日発表へ

  • レスポンス
  • 更新日:2021/01/12
No image

キャデラック CT4-V ブラックウィング と CT5-V ブラックウィング のティザーイメージ

もっと画像を見る
キャデラック(Cadillac)は1月7日、最新「Vシリーズ」の『CT4-V』、『CT5-V』のさらなる高性能モデル、『CT4-Vブラックウィング』と『CT5-Vブラックウィング』を2月1日、デジタルワールドプレミアすると発表した。

Vシリーズは、「キャデラックレーシング」の血統を受け継ぐスーパースポーツセダンだ。モータースポーツに参戦しているキャデラックは、FIA(国際自動車連盟)のGT3クラスを主戦場とし、2004年からの11年間に5度のマニュファクチャラーチャンピオンシップを獲得している。

そんなキャデラックレーシングの技術と、歴戦の中で培ってきたノウハウを注いで開発されたのが、Vシリーズだ。世界中のライバルを凌駕するパワーと運動性能、研ぎ澄まされたデザインとテクノロジーなどを追求している。Vシリーズは2004年、米国で発表された。2009年の第2世代から、日本国内にも導入されている。このVシリーズの最新作として、2019年春に米国で発表されたのが、CT4-VとCT5-Vだ。

◆ベース車両の320hpと355hpを上回るパワーを追求

CT4-Vは、キャデラックの新型スポーツセダン『CT4』の高性能バージョンだ。パワートレインには、直噴2.7リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載する。このエンジンには、独自の3ステップスライディングカムシャフトを採用し、あらゆる速度域でパフォーマンスを発揮するという。スペックは、最大出力が320hp/5600rpm、最大トルクが51kgm/1800rpmとなる。

一方、キャデラックの新ミドルセダン『CT5』の高性能グレードとして設定されたのが、CT5-Vだ。パワートレインは、直噴3.0リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジンで、最大出力は355hp/5600rpm、最大トルクは55.3kgm/2400~4400rpmを引き出す。

キャデラックは、このCT4-VとCT5-Vのさらなる高性能モデルとして、CT4-VブラックウィングとCT5-Vブラックウィングを2月1日にデジタルワールドプレミアする予定だ。キャデラックによると、ブランドのパフォーマンスとドライバーエンゲージメントの頂点を表しているという。

Vシリーズのブラックウィングモデルは、特別に強化されたシャシーや車両制御技術、エンジンを備えている。エンジンのパワーは、CT4-Vの320hp、CT5-Vの355hpを上回るスペックが追求される。

◆6速MTを標準装備

CT4-VブラックウィングとCT5-Vブラックウィングには、3Dプリントされた部品を使った6速MTを標準装備する。マニュアルトランスミッションは、ほとんどのプレミアムブランドが設定しなくなった装備だが、多くのパフォーマンスドライビングファンからの強い要望を受けて、ブラックウィングに標準装備する。

この6速MTのシフトレバーには、3Dプリントされたメダリオンが装着される。キャデラックの開発チームは、積層造形を活用することで、マニュアルトランスミッションを開発する際のコストと無駄を削減することができたという。

CT4-VブラックウィングとCT5-Vブラックウィングには、6速MTが標準装備され、オプションで10速ATが用意される。キャデラックによると、CT4-Vブラックウィングは、そのセグメントにおいて、マニュアルトランスミッションを装備する唯一のセダンになるという。この6速MTは、従来よりも静かで耐久性も引き上げている

◆パフォーマンス・ステアリングホイール採用

また、CT4-VブラックウィングとCT5-Vブラックウィングには、新開発のパフォーマンス・ステアリングホイールを採用する。このステアリングホイールは、レザーとカットソーによる縫製、12時の位置の赤いレーシングストライプ、カーボンファイバートリム、Vシリーズのエンブレムなどが特長だ。キャデラックのモータースポーツにおける栄光の歴史を、確実に反映したデザインという。

また、キャデラック独自の「Vモード」と「パフォーマンス・トラクション・マネジメントシステム」は、ステアリングホイールの左右のスイッチ操作で、アクセスできるようにした

◆サーキット性能は最大出力649hpの CTS-Vより上

CT4-VブラックウィングとCT5-Vブラックウィングは、プルービンググラウンドや全米の公道でテスト走行を行ってきた。 キャデラックによると、バージニアインターナショナルレースウェイでは、両車のラップタイムが従来型の『ATS-V』(最大出力470hp)と『CTS-V』(最大出力649hp)よりも、数秒速いという。

キャデラックは、ブラックウィングの名称を、最高のキャデラックパフォーマンスエンジニアリング、職人技、テクノロジーを搭載した車両に冠する。CT4-VブラックウィングとCT5-Vブラックウィングは、究極のパフォーマンスドライビングエクスペリエンスを持ち、ブランドの歴史に基づいて開発されるという。キャデラック史上、最もサーキットに対応できるキャデラックを生み出すことで、キャデラックの究極のパフォーマンスと職人技を象徴することを狙う、としている。

森脇稔

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加