浦和サポ団体、ACL決勝埼スタ開催の署名活動実施「日本代表だけでなく...」

浦和サポ団体、ACL決勝埼スタ開催の署名活動実施「日本代表だけでなく...」

  • Football Tribe Japan
  • 更新日:2022/09/23
No image

浦和レッズのゴール裏 写真:Getty Images

明治安田生命J1リーグ・浦和レッズは今月20日、AFCチャンピオンズリーグ決勝2ndレグの試合会場に関して声明を発表。埼玉スタジアム2〇〇2の芝改修工事の工期短縮や延期を巡る埼玉県との交渉が難航している現状をうけて、サポーター団体が署名活動を開始した。

浦和レッズはACLグループステージ東地区を4勝1分1敗で突破すると、日本開催の決勝トーナメントでジョホール(マレーシア1部)、BGパトゥム・ユナイテッド(タイ1部)、全北現代(韓国1部)を撃破。ACL決勝へ駒を進めている。

そのACL決勝は従来11月開催となっていたが、アジアサッカー連盟(AFC)は今年1月に2022シーズンの決勝戦を来年2月に開催すると公式発表。そのため浦和レッズは声明で「2021年11月時点では、ACL決勝は従来通り2022年11月の開催が予定されていた為、クラブとしては事前対策を行うことは不可能でした」と主張している。

また浦和レッズは試合会場に関する経過報告として「埼玉県及び関係各所との調整を行っております」とした上で芝改修工事の延期や工期短縮を県から断られたこと、そしてACL決勝開催日程変更にむけてJリーグや日本サッカー協会(JFA)に働きかけていることを明らかにしていた。

すると浦和レッズのサポーター有志一同は「ACL決勝を埼スタで!!」と題した声明を発表。「この度、浦和レッズはAFCチャンピオンズリーグ2022において、決勝進出を果たしました。しかし、現日程では埼玉スタジアム2〇〇2(以下、埼スタ)の改修工事と重なってしまい、我々のホームスタジアムではない別会場での決勝戦開催が検討されております」

「ホーム埼スタは、浦和レッズにとって特別な場所です。我々サポーターの望みは、『いつも通りの真っ赤な埼スタ』で、『いつも通りのサポート』をし、選手と共に最後まで闘うこと。そして、6万人の凱歌を浦和の街から世界に響かせることです。サポーター有志は、#ACL決勝を埼スタで をキーコンセプトに活動してまいります」

「日本代表だけでなく、浦和レッズも『世界制覇』を目指して本気で闘っています。埼玉県を始めとする関係各所を突き動かす為には、多数のご賛同が必要です。そこで、埼玉県へACL2022決勝を埼スタで開催するよう求める署名を行います」(原文ママ)と綴っている。

またホームゲーム開催日の9月25日、10月8日、10月12日に埼玉スタジアムの北広場、コンコース内、北・南門案内所で署名活動を行うこともあわせて発表。くわえて9月23日午前11時半から浦和駅周辺でも署名活動を行うという。

なお埼玉スタジアム2〇〇2の芝改修工事を巡っては、日本サッカー協会(JFA)が昨年に埼玉県との交渉で工期の延期で合意。今年1、2月にFIFAワールドカップ・カタール大会アジア最終予選2試合の開催が実現している。

その背景もあり、SNSでは行政や日本サッカー協会(JFA)、田嶋幸三JFA会長、大野元裕埼玉県知事に対する批判が噴出。誹謗中傷もあったとして、浦和レッズは「SNS上等での誹謗中傷、或いはそれに類する行為は絶対におやめくださいますようお願い申しあげます」とサポーターに警告を発していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加