NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
【アイビスSD】ヒロイックアゲン豊富な経験武器に反撃だ 前走敗因は特殊な馬場状態

【アイビスSD】ヒロイックアゲン豊富な経験武器に反撃だ 前走敗因は特殊な馬場状態

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/07/21
No image

雰囲気は悪くないヒロイックアゲン

「アイビスSD・G3」(25日、新潟)

ベテラン牝馬ヒロイックアゲンが重賞初Vのチャンスをうかがっている。今回と同じ舞台だった前走の韋駄天Sは12着に終わったが、敗因は特殊な馬場状態にあった。今春の新潟は地震の影響で中止された福島の代替えとして、イレギュラーな形での連続開催となった。レースが行われたのは開催2回目の最終日。多くの芝レースが施行されたことにより、内が荒れて外しか伸びない馬場だった。

16頭立ての4枠7番からのスタートで外へ出せず、最後まで馬場の悪いところを通る形に。古川助手は「枠が内の方だったし、苦しい競馬になりました」と振り返る。それでも今回に向けて、「調子はいいですし、本来は崩れないタイプですから。巻き返しを期待しています」と手応えをつかんでいる。

直線競馬は20年ルミエールADを勝っており、持ち時計54秒3もメンバーではライオンボスに次ぐ2番目の速さだ。「通用してもいいと思っています」と同助手はうなずく。2走前のオーシャンS4着に続く、2回目の重賞挑戦。豊富なキャリアを武器に、波乱の一端を担う。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加