広島に9連敗中の阪神 九回2死から近本が執念同点打、20戦連続安打の3安打&2打点

広島に9連敗中の阪神 九回2死から近本が執念同点打、20戦連続安打の3安打&2打点

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/06/24
No image

9回、近本は右前に同点適時打を放つ(撮影・山口登)

「広島-阪神」(23日、マツダスタジアム)

阪神が土壇場の九回、2死から近本が同点タイムリーを放った。

1点差で迎えた最終回、打線が意地を見せた。先頭の梅野が二塁内野安打で出塁すると、続く中野の送りバントで1死二塁を作る。島田は空振り三振に倒れたが、続く近本だった。

2-2から5球目、栗林のフォークに食らい付くと、打球が一、二塁間を破る。代走の二走・植田が同点のホームを踏んだ。近本は初回に中前適時打、五回に右前打で3安打2打点の活躍。これで20試合連続安打となり、球団では1964年の藤井栄治、95年のクールボーに並ぶ9位タイの記録となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加