スーパーで食べる新鮮な海鮮丼!「北海道の安くて旨い」が集結!ウポポイのお土産も【白老】

スーパーで食べる新鮮な海鮮丼!「北海道の安くて旨い」が集結!ウポポイのお土産も【白老】

  • SASARU
  • 更新日:2022/05/14
No image

札幌から車で2時間程で到着する白老町。新鮮な海の幸や白老牛などのグルメも充実!海岸線の景色が美しく、ドライブにもぴったりの場所です。
そんな白老町に“新鮮な海鮮丼が食べられるスーパーがある”との噂を聞き、さっそく取材に行ってきました。

その名は「スーパーくまがい」。新鮮な魚介・肉類、地元産の野菜のほか、コストコ商品や北海道のお土産まで揃っているとのことで、期待値が高まります。

スーパーの中にあるフードコート「元気ひろば」

No image

まずは、スーパーくまがいで食べられる海鮮丼を求めて店内へ。スーパーくまがいの中にあるフードコート「元気ひろば」で味わえるそうです。

元気ひろばには、海の幸をメインとした海鮮丼のほか、カレー、唐揚げやハンバーグなどの定食、そば、うどんなど豊富なメニューが揃っていました。

豪華な海鮮がぎっしり!人気No.1の海鮮丼

No image

海鮮丼(中)1,280円 税込

元気ひろば人気No.1の海鮮丼。こちらは中サイズ。(大サイズ1,680円 税込もアリ)

前浜産・北海道産の海鮮がたっぷり入っています。どれも肉厚で新鮮そのもの! ウニ・イクラ・マグロなど、豪華な海鮮ばかりで見ているだけで幸せな気分に。どれから食べようかと目移りしてしまいます。

丼を埋め尽くす貝ざんまい!人気No.2の貝三種丼

No image

貝三種丼(大)1,580円 税込

こちらは、2番人気の貝丼三種丼。サイズは大です。(中サイズ980円 税込もアリ)

丼を覆うのは艶やかに輝く肉厚なホタテ。名物のホッキ、ツブ貝も入った貝好きのための海鮮丼です。身はコリコリで甘みもたっぷり。大満足の一品です!

「大」と「中」のサイズ感比較

No image

画像左側が中サイズ、右側が大サイズの丼です。中サイズは味噌汁腕よりも少し大きいサイズで、一般的なミニ海鮮丼くらいのサイズ感。大サイズが通常イメージする海鮮丼の大きさかと思います。

ちょっと小腹がすいた時や、何か別のものも食べたいというときには中サイズを、通常のお食事として楽しみたいという場合は、大サイズを選ぶのをおすすめします。

北海道が誇るブランド牛「白老牛」がこの価格で食べられる!

No image

白老牛丼(中)680円 税込

白老といえば白老牛!こちらも欠かせませんよね。きめ細やかなサシとまろやかな旨味が特徴の白老牛。とても柔らかくジューシーで、いつもの牛丼とはひと味違いました。
こちらは中サイズのみの販売となっています。

ガッツリ食べたいときはラーメンと丼ものをセットで

No image

白老牛骨ラーメン 700円※税込

旨味をギュッと凝縮した白老牛骨ラーメン。醤油・塩・味噌の3種類の味が選べるそうですが、店員さんのおすすめは醤油味。より濃厚な白老牛の出汁を感じられるそうですよ!
おすすめの醤油味は、まさに白老牛の旨味がダイレクトに感じる味でした。こちらはサイズ展開はなく、通常のラーメン丼のサイズ感で提供されます。

たくさん食べたいときは、中サイズの丼ものを一緒にオーダーし、お好みのセットにして楽しむのも良いですね。

お腹を満たしたあとはスーパーでお買い物

No image

スーパーくまがいは、前浜産の魚介類、白老や近郊で採れた野菜が豊富なのが特徴。昭和34年の創業以来、地元の皆さんに愛されているお店です。
札幌在住の筆者もお目にかかったことのない商品がたくさんあり、ついあれもこれもと買い物カゴに入れてしまいました。

充実のお惣菜コーナー

No image

知床ポークの串焼きや若鶏のレッグ焼き、海鮮丼など安くておいしそうなお惣菜がたくさん並んでいました。
スーパーくまがいは、夜9時まで営業しているので、周辺の観光地を巡ったあと、お惣菜コーナーで夕飯のおかずを買って帰るというのも良いですよね。

美しいサシが入った白老牛

No image

旨味と甘みがたっぷりの白老牛をお家で味わうのもおすすめ。すき焼き、焼肉、牛丼など。いつものお料理がワンランクアップしますよ。アイヌ民族の衣装をモチーフにした白老牛のブランドロゴも珍しくてかわいいですね。

鮮魚コーナーには白老産の新鮮な魚介類がたくさん!

No image

鮮魚コーナーには、白老港で水揚げされた魚介類がズラリと並んでいました。カレイ、きんき、殻つきのホッキ貝につぶ貝。虎杖浜のたらこもあり、海鮮パラダイスでした。

そして、なかなかお目にかかれないハモや八角といった珍しい魚も。新鮮・大容量・安いといった3拍子が揃っていて、主婦である筆者は大興奮でした。

これは珍しい!半熟卵の燻製

No image

北海道安平町早来産の「かしわのたまご」は、半熟卵をスモークした燻製たまご。ぷるんとした白身の中から黄身がとろっと出てきて、ほんのりとスモーク感を感じます。

塩味がついているので、そのままいただきました。サラダに加えたり、お酒のおつまみとしてもピッタリですよ。

納豆好きの心をくすぐるラインナップ

No image

納豆の種類が豊富で、地元産や近郊産のものが多く並んでいました。くまさんの納豆やレトロなパッケージのブルース納豆など...。札幌のスーパーではあまりお目にかかれない商品に出会えます。

お土産にもぴったりなレトルト食品

No image

虎杖浜産のたらこを使ったパスタソースや、苫小牧名物のほっきカレーなど、北海道らしさを感じるレトルト食品も。お菓子よりもグルメ系が嬉しい!という方へのお土産にいかがでしょうか。

ウポポイオリジナルのお菓子も購入できる!

No image

ポロトラスクやコタンコロカムイサブレなど、ウポポイでしか手に入らないお菓子もありました。ウポポイ以外で取り扱っているのは初めて見たので、かなりレアケースではないでしょうか。デザインもおしゃれで、味も美味しいのでお土産におすすめですよ。

コストコ商品もありました

No image

なんとコストコ商品も取り扱いがありました!各社の大容量商品やオリジナルブランド「カークランドシグネチャー」の日用品のほか、ベーグルやチーズタルトなどの食品も。ますますお買い物が楽しくなりました。

お食事・お買い物・お土産まで揃う楽しいスーパー

No image

「自由に北海道に来られるようになったら、ぜひ新鮮な海の幸を食べに来てください」と、社長の熊谷さん。

スーパーくまがいの近隣には、アイヌ民族の歴史を学べるウポポイ(民族共生象徴空間)や、新鮮なたまごを使ったスイーツが味わえるマザーズプラスなど、立ち寄りたくなるスポットもあるので、グルメやお買い物と一緒に楽しめますよ。

また、町の至るところにアイヌ文化を感じるデザインがあるので、探してみるのも楽しいですね。

No image

スーパーくまがい(元気ひろば)
住所:北海道白老郡白老町本町1-9-41
営業時間:午前9時30分〜午後9時
※フードコート「元気ひろば」は午前11時〜午後3時まで
定休日:不定休
電話番号:0144-82-3939
Instagram:@superkumagai
Facebook:スーパーくまがい(株式会社熊谷商店)
Webサイト:https://r.goope.jp/sr-01-0157810043
(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は公式サイトでご確認ください)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加