「アジアナンバーワンに向けて」神戸、三浦淳寛監督の続投を発表! サポーターは「来季はタイトルを!!」と期待大

「アジアナンバーワンに向けて」神戸、三浦淳寛監督の続投を発表! サポーターは「来季はタイトルを!!」と期待大

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/11/25
No image

来シーズンの続投が決まった三浦監督。神戸を高みに導けるか。(C) SOCCER DIGEST

ヴィッセル神戸は11月25日、トップチームの指揮を執る三浦淳寛監督との契約更新を発表した。2020年9月に発足した三浦体制は、3シーズン目に突入することとなった。

現在、リーグ3位につける神戸は、残る2試合で1勝すればACL出場権獲得となる3位以内が確定。1分け1敗でも、得失点差で4位の名古屋グランパスに大差をつけているため、大敗しない限り3位以内が濃厚な情勢となっている。

そうした状況での指揮官続投の発表となったが、三浦監督は公式ホームページを通じて、以下のコメントを発表している。
「ヴィッセル神戸の監督を来シーズンも引き続き務めさせて頂く事になり感謝しております。優秀なコーチングスタッフ、チームスタッフ、何よりも選手が今年一年、サッカーに 懸ける 気持ちを体現してくれた事が、今の結果に繋がっています。どんな苦しい時も、チームを後押ししてくれるファン、サポーターの存在が、我々に力を与えてくれました。コロナ禍で難しい状況でも支えてくださるスポンサーの皆さま、素晴らしいスタジアムの雰囲気を作ってくれる事業側のスタッフにも感謝しています。我々が目指すアジアナンバーワンに向けて、目の前の試合に全力で臨んでいきます。ヴィッセル神戸に関わる皆さまと一致団結して、この先も、歴史を一緒に築いていきたいです」

J1リーグ順位表また、この発表にサポーターもSNSを通じて、歓迎の声を上げている。
「最高!!」
「来季はタイトルを!!」
「ぜひ長期政権でお願いしたい!」
「守備が良くなったのは確実にアツさんのおかげ」
「まずは目の前のACL決めて 来年はアジア1の監督になりましょ!」
「ACLリベンジ」
「来年はACL優勝とCWC出場を目指しましょう」
「来シーズンは遂に優勝か~」
「アツさん頼んました」

クラブが目標とするアジア王者へ向けて、まずは残る2試合でACL出場権を確実に掴み取りたいところ。37節は2位の横浜F・マリノスとのホームゲームとなる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加