銀の成分を含んだ“銀染”の糸で作った「抗菌シルクマスク」

銀の成分を含んだ“銀染”の糸で作った「抗菌シルクマスク」

  • MdN
  • 更新日:2020/11/20
No image

山崎織物株式会社は、11月20日、抗菌・防臭機能のある“銀染”を織り込んだシルクマスクを新発売すると発表した。M・Lの2サイズから選ぶことができ、価格は2,000円(税別)。

山梨県の南東部、富士山北麓地域一帯に広がる「郡内地域」は400年以上の歴史をもつ伝統的な織物産地。同地域内の富士吉田市にある山梨県産業技術センターで開発されたのが銀の成分を含んだ溶液で糸や布を染色する「銀染」の技術だ。

銀染で茶色く染まった糸や布は銀イオンの作用で抗菌・防臭の効果を備え、清潔感がアップ。シルクは生体タンパク質が主成分のため、肌にも優しく、肌荒れもしにくい。

カラーはアイボリー・ライトグレージュ・シルバーサックスの3色展開。耳ひもの長さが調節できるストッパー付きで顔の小さな女性から大柄な男性まで使えるようになっている。

No image

銀染した糸

No image

銀染抗菌試験で効果も実証済み

山崎織物株式会社
URL:https://fujizakura.shop-pro.jp/?pid=155601515
価格:2,000円(税別)
2020/11/20

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加