猫舌の秘密は舌の使い方にアリ? チコちゃんの説明に「納得できない」の声も

猫舌の秘密は舌の使い方にアリ? チコちゃんの説明に「納得できない」の声も

  • しらべぇ
  • 更新日:2020/10/17
No image

16日に放送された『チコちゃんに叱られる!!』(NHK)で扱われたテーマのひとつ、「『猫舌』の人がいるのはなぜ?」が話題となっている。

■「食べるのが下手くそだから」

気になるチコちゃんの回答は、「食べるのが下手くそだから」という。猫舌かそうでないかの差は食べる時の癖が影響しているようだ。

個人によって舌の熱さへの体制が違うと考えがちだが、実はほとんど差がなく、猫舌の人とそうでない人の差は舌の使い方なのだという。

関連記事:山口もえの一言で視聴者の自宅に“異変”が起こる 「電気消えた」

■先端の使い方に違いが

舌の中でも熱さを感じるのは先端。猫舌の人は飲食をするときに食べ物、飲み物を先端で迎えにいってしまうため、熱さを感じやすい。

一方、猫舌でない人は、舌を後方に引っ込めて舌の先端が熱いものに当たらないように避けるような食べ方をしている。

■ネットでは抗議の声も

猫舌が「食べるのが下手」とキッパリ言い切ったチコちゃんの解説に「先端とかじゃなくて舌どこでも熱いんだけど」「口内どこでもやけどしちゃう」「どう食べても熱いし納得できないなぁ」と猫舌の人々から抗議のコメントが多く寄せられている。

実際に舌をやけどせずに熱いものを食べられる人が多いことを考えると、やはり猫舌の人たちが舌の使い方が良くないことはわかるが、こうストレートに言われると納得できない人も多いのかもしれない。

■3人に1人が「猫舌」

猫舌の原因を紹介したチコちゃん。飲食をするときに舌を後方に下げると聞くとなんだか難しいことをしている気がするが、世間的に猫舌の人はどのくらいいるのだろうか。

しらべぇ編集部が全国10代〜60代の男女1,880名を対象に調査を実施したところ、全体の35.6%が「自分は猫舌だ」と回答している。

No image

割合としては低くないが、やはり猫舌の人の方が少数派であることがわかった。

食べるときに舌を後方に下げられるようにトレーニングすれば、克服できるという猫舌。熱いものに対して苦手意識がある人は実践してもいいかもしれない。

・合わせて読みたい→なぜ数学を勉強しなければならないのか 長年の疑問をチコちゃんが解説

(文/しらべぇ編集部・Aomi

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2020年4月24日~2020年4月27日
対象:全国10代~60代の男女1,880名 (有効回答数)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加