「Google Chrome 109」にセキュリティアップデート、6件の脆弱性を修正/解放後メモリ利用や型混乱の欠陥、最新版になっているか確認を

「Google Chrome 109」にセキュリティアップデート、6件の脆弱性を修正/解放後メモリ利用や型混乱の欠陥、最新版になっているか確認を

  • 窓の杜
  • 更新日:2023/01/25
No image

「Google Chrome」v109.0.5414.120

窓の杜から ダウンロード

米Googleは1月24日(現地時間)、デスクトップ向け「Google Chrome」の安定(Stable)版をアップデートした。Windows環境にはv109.0.5414.119/.120、Mac/Linux環境にはv109.0.5414.119が順次展開される。

今回のリリースは、6件の脆弱性に対処したセキュリティアップデート。このうちCVE番号が公開されているのは4件で、深刻度の内訳は4段階中上から2番目の「High」が2件、上から3番目の「Medium」が2件となっている。

内容は解放後メモリ利用(Use after free)や型混乱(Type Confusion)の問題で、一般的にこのタイプの脆弱性はプログラムの異常終了や任意コードの実行につながる可能性がある。できるだけ早めの対処をお勧めする。

デスクトップ向け「Google Chrome」はWindows/Mac/Linuxに対応しており、現在、同社のWebサイトから無償でダウンロードできる。Windows版は、Windows 7以降で利用可能。すでにインストールされている場合は自動で更新されるが、設定画面(chrome://settings/help)にアクセスすれば手動でアップデートすることもできる。

樽井 秀人

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加