帝京・前田三夫名誉監督が語る、山﨑康晃がプロで活躍すると確信した理由は?

帝京・前田三夫名誉監督が語る、山﨑康晃がプロで活躍すると確信した理由は?

  • SPAIA
  • 更新日:2022/09/23
No image

Ⓒ上野裕二

高校時代はドラフト指名されなかった山﨑康晃

現在、DeNAで活躍している山﨑康晃は、高校から直接プロに行こうと考えたものの、どこからも指名がなかった。山崎の母校である帝京の前田三夫名誉監督は、著書『いいところをどんどん伸ばす』のなかで、当時の状況について鮮明に綴っている。

どこからも指名がなく、自宅に帰って大泣き

山﨑が高校3年生の秋のドラフトで、どこからも指名がかからなかったとき、私はあえて山﨑に厳しい言葉をぶつけました。ここで「残念だったな」と言ってなぐさめることは簡単です。でも私は違いました。

「オレの言ったとおりだろう。高校3年間、野球と勉強の両立することすらままならなかったのに加えて、140キロを超えるストレートを投げられただけでどこか満足していたところがあるように思えた。プロのスカウトも、オレと同じ見立てをしていたはずだぞ」

一見辛辣なように思えますが、現実を受け止めるためには厳しい言葉も必要だと思い、私はあえて心を鬼にして山﨑に言いました。

この日の夜、彼は自宅に帰ると大泣きしていたと、後になってから聞きました。私がどんなに厳しい言葉をぶつけたって、いざシビアな現実を見せつけられたほうが、よりショックは大きかったはずです。

ただし、私は決して彼を見捨てることはありませんでした。ドラフト会議の翌日、彼はお母さんと2人で学校にやってきて、私と面談し、野球を高校では終わらせず、大学まで続けてみないかと提案したのです。

「亜細亜大学に行ってみないか?」

それまで落ち込んでいた山﨑の表情がハッと何かに気づいたように変わりました。亜細亜大学と言えば、東都リーグに所属し、厳しい指導で知られていました。ここで仲間と切磋琢磨して自分の実力を伸ばすことができれば、彼の念願だったプロ入りだって夢じゃない。そう考えていたのです。

もちろん私は甘い言葉だけかけて終わりません。

「亜細亜大学の野球部は大学球界の中でも、一、二を争うほどの厳しい練習と規律があることで知られている。あえてそんな環境に身を置いて、自分を磨いてみたいと思えるのか?」

彼のまなざしは真剣そのものでした。プロに入るチャンスは、大学での4年間に懸けるしかない――。そうした覚悟が見てとれました。

「4年間、死に物狂いで必死に野球と勉強に取り組みます」

そう言って山﨑は亜細亜大学野球部の門を叩いたのです。

本人の言葉通り、大学で大きく変わった

大学に進んでからは1年、2年のときには連絡がなかったものの、3年生のときにフラリと学校に来てくれました。高校時代よりも顔つきが精悍になったなと思い感心していると、彼の口から思いもよらない言葉が出てきたのです。

「実は教職を取ろうと思っていて、これから教育実習が始まるんです。実習先は帝京ではないですよ。僕の高校時代を知っている先生方からすれば、『あの山﨑が!?』と驚かれるでしょうし、恥ずかしいことばかりしていたので、先生方に合わせる顔がないんですから」

山﨑は亜細亜大学を勧めたときと気持ちが変わらず、立派に文武両道を貫いていたことに驚きよりもうれしさのほうが勝りました。

「教職を取れば、将来子どもたちに教えることができる。生きていくうえで必ず役に立つものだから、一生懸命挑戦してみなさい」

私はこう言って山﨑を激励しました。結果、教職を無事取得しただけでなく、彼が4年生になった秋のドラフトでは見事にDeNAから1位指名を受けたのです。人間的にも格段に成長し、「これはプロでも成績を残すだろうな」と期待を抱かせてくれたことを、昨日のことのように覚えています。

その後の活躍はみなさんも周知の通りです。一方でここ2~3年の間は体が大きくなりすぎたせいか、かつてのキレを失いつつありました。走り込みをして自分を律しないと、このまま終わってしまうのではないかという懸念もありましたが、今年は昨年よりはいい状態に仕上げているようで、内心ホッとしています。

山﨑のように自己評価が甘い選手だと、どんなにプロ入りを志望していても、周囲の大人からは見透かされてしまうものです。ただし、彼の場合はそれで終わらなかった。あえて厳しい環境に身を置いて、自分を追い込むことができたからこそ、メキメキと実力をつけて頭角を現すことができ、結果的にそれが高い評価につながったのだと思います。

自分に厳しくあたるという姿勢は、なかなかできることではありません。それでも自分が高い目標設定をしているのであれば、どんな苦労も愚痴一つ言わず困難に立ち向かうことで道が開けるということを、みなさんもぜひ知っておいてください。

No image

Ⓒ日本実業出版社

【関連記事】
帝京・前田三夫名誉監督が振り返る山﨑康晃の高校時代、突然の「辞めたい」発言に…
帝京高・前田三夫名誉監督はなぜ全国有数の強豪校に育て上げられたのか
帝京高・前田三夫名誉監督が見抜いた阪神・原口文仁の「捕手適性」

小山宣宏

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加