不倫で契約解除となった元ロッテ・清田がNPB復帰を直訴! 求められる「三ナイ運動」とは

不倫で契約解除となった元ロッテ・清田がNPB復帰を直訴! 求められる「三ナイ運動」とは

  • ココカラネクスト
  • 更新日:2021/07/20

度重なる不倫報道などが「チームに対する背信行為」とみなされて、5月にロッテから契約解除となっていた清田育宏選手(35)が騒動以来、初めて自分の言葉で謝罪した。

No image

・今すぐ読みたい→
清田コロナ不倫解雇、清原薬物・・・球界の「キヨ」に続く災いにSNSでは「清宮、大丈夫?」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kiyo-is-included-in-the-surname-disaster/

元西武、ロッテで活躍したG・G・佐藤氏のユーチューブチャンネル「GG佐藤トラバースTV」にこの度公開された「清田育宏から皆様へのメッセージ」と題した動画内では「きょうは退団してからファンの方々に一言もお話をしていないので、少しだけお話させてください。よろしくお願いします」と切り出しつつ、今回の騒動に関しては「このような形で退団してしまい、僕のことを日ごろから応援してくださっている皆様に対して、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。チームメ―トに対しても本当にこのようなかたちで退団してしまい、すごく申し訳ないという気持ちがあります」と神妙な表情で謝罪した。

一方、気になる今後についても目指す方向性を明らかにした。「やっぱりNPBというのは特別なステージですし、そこでやれる可能性が少しでもあるなら、そこを目指してやっていきたいと思っています」とNPB復帰に強い意欲を示したのだ。この日の動画では炎天下の中、佐藤氏とキャッチボールする姿や外野ノックを受ける姿、バッティングを行う姿なども映し出された。日焼けして健康的な姿を見せており、やつれなどは感じさせなかった。

またこの日は、気になる家族問題についても情報がもたらされた。度重なる不倫報道で家族仲も心配されていたが、佐藤氏の質問に答える形で清田は「今も一緒にいます」とぽつり。紆余曲折はありながら、家族はNPB復帰を目指す夫のサポートをしていると明かしたのだ。

とはいえ、緊急事態宣言下においてチーム規範を度々破ったことで解雇されるなど、目指すNBP復帰に向け越えるべきハードルは高い。そこで球界内ではそんな清田に対して「三ナイ運動」を勧める声が出ている。

一つ目が「絶対にスキャンダルを起こさナイ」だ。ある球界OBは清田に関して「とにかくノーモアスキャンダルだ。昔とはいざ知らず、最近の球界は特に親会社を始め、コンプライアンスに厳しい。秋のトライアウトを目指すならなおさら、とにかくそこまではスキャンダルを起こすなと言いたい」。今回の騒動も謹慎明けの最初の試合後に女性との不謹慎な関係が発覚したことで生じたとあって、とにかく身辺をきれいにしていろと説く。

さらに2つ目のポイントとしては「動画内でも言っているように、これだけの騒動を起こしてGGなど、手を差し伸べてくれる人はいる。こういった人の信頼を裏切らナイことだ」とキッパリ。練習場を提供するなど、これまでもプロ野球選手のセカンドキャリアを応援する立場を示してきたGG佐藤氏が清田に向けるまなざしは厳しくも優しい。そういった大事な人々の信頼を裏切らないようにしろというのだ。

最後は「欲張らナイことも大事。35歳の年齢で現役復帰を目指すこと自体、まだまだできるとパフォーマンスを残せる自信もあるんだろう。ただこれだけのことをしていてNPB球団にはいまだ清田アレルギーもある。目指す目標はNPBというのは分かったが、野球を続ける意味では独立リーグなどもいいのではないか」と選択肢を狭めないようにというアドバイスだ。勝負強い打撃でロッテではレギュラーとして長年活躍しただけに、このままプロ人生が終わるのは惜しいという声もある。周囲の期待に応えられるかは本人の強い意志に関わってくる。意地を見せられるか。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

CocoKARA next

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加