最強寒波の宮城への影響 駒の湯で「-12.7°C観測」 転倒相次ぐ 交通機関にも乱れ

最強寒波の宮城への影響 駒の湯で「-12.7°C観測」 転倒相次ぐ 交通機関にも乱れ

  • ミヤギテレビNEWS
  • 更新日:2023/01/25
No image

最強寒波・宮城への影響 仙台市内の積雪9センチ 平野部では今シーズン初となる除雪車が出動

最強寒波は宮城県内にも影響が及んでいる。

仙台市内の積雪は9センチとなり、平野部では今シーズン初めて除雪車が出動。

伊藤有里記者

「仙台市内では道路が白く覆われてしまうほど雪が積もっており、除雪作業に追われています」

仙台市では1日で約100台の除雪車を稼働させる予定。

25日朝のJR仙台駅前は、雪が積もる足元を気にしながら歩く人の姿が見られた。

「ベビーカー押せないのでこの雪だと。2つしか手がないので。傘させないなくらいですけど」

「冷たい」

この雪により、転倒事故が相次いでいる。県内の消防によると仙台市で60代男性が頭を打ち病院に搬送されるなど6件の救急要請があったとのこと(25日午前11時時点)

また、県警によるとスリップ事故は25日朝8時までの24時間で11件発生している。

高速道でも事故が相次ぎ、三陸自動車道と仙台北部道路の一部区間が通行止め(25日午前11時時点)

仙台市営バスは中心部に向かう路線など最大90分の遅れが発生した。

乗客「15分くらい待ってると思います。こんなに雪降ると思ってなかったので、結構驚いてます」

JRによると東北新幹線は「仙台-古川間」で線路のポイントトラブルによって一部列車に遅れが出ている。在来線は陸羽東線の鳴子温泉ー新庄間が計画運休しているがその他の路線にダイヤの乱れはない。(25日午前11時時点)

また、仙台空港は、全国的な影響で発着合わせ8便が欠航している(25日午前11時時点)

室井孝太記者

「広瀬川の河原に来ています。この寒さで、川を見ると枯葉と表面が凍ってしまっているのが分かります」

25日朝の最低気温は、最も低い駒ノ湯が「-12.7℃」。仙台でも「-7.5℃」など、平年を大幅に下回った。また、断続的に雪も降っていて、24時間に降った雪の量は「駒ノ湯13センチ」「仙台9センチ」などとなっている。

仙台管区気象台は、路面や水道の凍結に注意をするよう呼びかけている

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加