「充電できた」とティーム

「充電できた」とティーム

  • tennis365
  • 更新日:2021/05/04
No image

マドリッドOPの会場で練習するティーム : 画像提供 ゲッティイメージズ

男子プロテニス協会のATP公式サイトは3日、ムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)に第3シードとして出場しているD・ティーム(オーストリア)のコメントを掲載した。休養をとり調整期間とした3月から4月にかけての1カ月間について語った。

>>錦織らマドリッドOP対戦表<<

>>錦織vsハチャノフ 1ポイント速報<<

27歳で世界ランク4位のティームは全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で2度のベスト4と準優勝を果たすなどクレーコートを得意としているが、今季は3月のロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、 レッドクレー、ATP1000)出場を前に休養することを選択。マドリッド・オープンは2021年のクレー初大会となる。

ティームは休養したことについて「長い間目標を追い続け、ついにそれを達成したことで、体と頭に大きな負担がかかってしまったんだ。去年(2020年)の残りの期間は、幸福感に包まれていいプレーができていた。そして、オーストラリアではそのことが少し気になってしまった。だから休みを取り、少しずつリセットすることにしたんだ」と明かした。

昨年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)を制し悲願となる四大大会のタイトルを獲得したティーム。今季の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)では優勝候補の一角として出場したものの4回戦で敗れ、その後のドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、ATP500)では初戦で姿を消していた。

「全米オープンのタイトルを取ったことが影響はしている。でも今は『充電できた』と感じているよ。しばらくテニスから離れていたし、いろんなことから離れていたから間違いなく充電できた。全てに対して再び準備ができているんだ」

2019年のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、 ATP1000)以来 約2年1カ月ぶりとなるATPマスターズ1000のタイトルを狙うティームは、初戦の2回戦で世界ランク91位のM・ギロン(アメリカ)と対戦する。ギロンは1回戦で同79位のP・アンドゥハル(スペイン)をフルセットで下しての勝ち上がり。

ムチュア・マドリッド・オープンの第1シードはR・ナダル(スペイン)、第2シードはD・メドベージェフ(ロシア)、第4シードはS・チチパス(ギリシャ)、第5シードはA・ズベレフ(ドイツ)、第6シードはA・ルブレフ(ロシア)、第7シードはD・シュワルツマン(アルゼンチン)、第8シードはM・ベレッティーニ(イタリア)。上位8シードは1回戦免除のため2回戦から登場する。

[PR]男子テニスATPツアーマスターズ1000 マドリード5/2(日)~5/9(日)男子テニスATPツアーマスターズ1000 ローマ5/9(日)~5/16(日)WOWOWオンデマンドで配信!■放送&配信スケジュールはこちら>

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加