元問題児バートン、英3部クラブの監督に就任。残留争いに挑む

元問題児バートン、英3部クラブの監督に就任。残留争いに挑む

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2021/02/22
No image

【写真:Getty Images】

元イングランド代表のジョーイ・バートンが、イングランド3部リーグ1のブリストル・ローバーズの監督に就任することが決まった。現地時間22日にクラブ公式サイトで発表されている。

現役時代に数々のトラブルを起こしてきたことでも知られるバートンは、2018年からフリートウッド・タウンを指揮していたが、今年1月に退任していた。それからわずか1カ月半で同じイングランド3部のブリストル・ローバーズを率いることになっている。

ブリストル・ローバーズは2月に入ってポール・ティスデイル監督を解任しており、バートンがその後任を任された形だ。

イングランド3部は24チームで構成されており、下位4チームが降格となる。ブリストル・ローバーズは降格ラインと勝ち点2差の19位。バートン監督はチームを残留に導けるだろうか。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加