キスマイ・北山宏光が“あの大物アーティスト風”のミュージシャンに!?

キスマイ・北山宏光が“あの大物アーティスト風”のミュージシャンに!?

  • TVガイド
  • 更新日:2021/11/25
No image

フジテレビ系で本日11月25日放送の「キスマイ超BUSAIKU!?」(木曜深夜0:25)で、新コント「鈴北雅之」がスタート。Kis-My-Ft2が“真のカッコイイ男”になるために、“脱ブサイク”を目指してさまざまな難題にチャレンジする同番組で、北山宏光が、“あの大物アーティスト風”のミュージシャンに扮(ふん)する。

北山は縦型にスタンバイしたカメラを前に「どうも、鈴北雅之です。SNS始めました」と語り始め、「ミュージック、オールライト!」と叫ぶと、音楽に合わせてキレキレのダンスを披露。スタジオのメンバーも「キレがすごいな」「めちゃめちゃいいな」と絶賛していると、鈴北本人は「(カメラを)止めて。違うな…」と考え込んでしまう。悩んだ末に撮影した、本人大満足の動画とは?

北山は新コントに「個人的には楽しくできたのですが、ご本人がまだSNSをやられていないのに、先に(コントで)やってしまって怒られないか心配です。どうせやるなら…とやりきりました。愛をもってやらせていただいております!」と恐縮しながらも、全力で挑んだことを明かしている。

なお、今回の「ブサイクランキング」のテーマは、「彼女から“冬のデートコーデ”を考えてと言われた時の対応」。彼女役のマイコにどんなファッションコーディネートを提案できるのか。センスだけではなく、マイコとどんな楽しいやりとりができるのかも問われる、抜き打ちのスタイルとなる。

宮田俊哉は「久しぶりのデートだから、最高にかわいいマイコと最高にかっこいい俊哉で行きたいよねー」とうれしそうな様子。千賀健永は、真剣に考え、「ハリウッド感出してみました」と自信満々だ。

また、玉森裕太は、マイコにいらぬ一言を発してしまい、スタジオからプチブーイングが起きる。玉森本人は「編集で切ればいいじゃん!」とスタッフへの不満を爆発。北山の対応は、一般女性たちの反応は良かったにもかかわらず、若槻千夏から「バチくそ…」の言葉とともに衝撃の数字をたたきつけられてしまう。そんな中、スタジオのテンションが変わったのは、横尾渉のVTRを見た時。ゲストの王林は「私だったら、別れさせてください」とばっさり。ほかのゲスト審査員からも、次々と厳しいコメントが。一体、横尾は何をやらかしてしまったのか!?

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加