トヨタC-HRに特別色などを採用した上質な特別仕様車「Mode-Nero Safety Plus III」が設定

トヨタC-HRに特別色などを採用した上質な特別仕様車「Mode-Nero Safety Plus III」が設定

  • clicccar.com(クリッカー)
  • 更新日:2022/08/06

■マットブラック塗装とダークスモークメッキナットの18インチアルミホイールを用意

現行プリウスに続き、「TNGA」第2弾としてトヨタから登場したSUVのC-HR。発売は2016年12月ですので、すでに5年半の年月が経っています。

Cセグメント級SUVの競争激化、モデル末期ということもあり、さすがに登場時からの勢いはなくなっているものの、日本でも扱いやすいサイズであることや、ドレスアップ、チューニングのベース車としても支持を集めています。

No image

特別仕様車のG-T“Mode-Nero Safety Plus Ⅲ”のエクステリア

そのC-HRに、特別仕様車の「G“Mode-Nero Safety Plus Ⅲ”」「G-T“Mode-Nero Safety Plus Ⅲ”」が設定され、2022年8月29日に発売されます。

車名からも分かるように、ベース車は「G」および「GT」。

No image

特別仕様車 G“Mode-Nero Safety Plus Ⅲ”のエクステリア

エクステリアでは、ボディカラーに特別色の「イナズマスパーキングブラックガラスフレーク」が採用されています。

足元には、マットブラック塗装とダークスモークメッキナットが目を惹く18インチアルミホイールを装着。フロントマスクでは、ブラックエクステンション加飾のBi-Beam LEDヘッドランプが目を惹きます。

インテリアは、ブラウンの差し色やベージュのステッチを施した専用シート表皮が用意され、シックで高級感漂う仕立てになっています。

G-T“Mode-Nero Safety Plus Ⅲ”のインパネ

先進安全装備では「トヨタ・セーフティ・センス」の搭載はもちろん、「パノラミックビューモニター」「パーキングサポートブレーキ(前後方静止物・後方接近車両)」が採用されています。

●価格帯:272万5000円~305万5000円

塚田勝弘

あわせて読みたい

カローラに待望のハイブリッド(HV)モデルが登場。クラストップレベルの燃費33.0km/Lを達成【今日は何の日?8月6日】

トヨタがMR-Sに国内初のシーケンシャルMTを搭載。クラッチ操作なしに1速ずつシフトチェンジするAMT【今日は何の日?8月4日】

トヨタ初のFF車ターセル/コルサがデビュー。CMにスーパーアイドル山口百恵を起用して評判に【今日は何の日?8月3日】

トヨタ・カムリが一部改良、鮮やかで深みのある「エモーショナルレッドIII」を設定

トヨタ・ランドクルーザー・プラドにマットブラック加飾が際立つ「TX“Lパッケージ・Matt Black Edition”」が登場

塚田勝弘

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加