広島西川2カ月半ぶりの1発「先制できてよかった」

広島西川2カ月半ぶりの1発「先制できてよかった」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/18
No image

4回裏広島1死、西川龍馬は先制左越え本塁打を放つ(撮影・加藤孝規)

<広島5-0中日>◇18日◇マツダスタジアム

広島西川龍馬外野手(25)が約2カ月半ぶりの1発となる先制の5号ソロを放った。

両軍無得点の4回1死から、中日清水の高め144キロ直球を逆方向にはじき返し、打球は左翼ポール直撃した。「少しボール球でしたが、強く打つことができました。切れずによく入ってくれました。(中村)祐太が頑張っているので先制できてよかったです。引き続き頑張ります」。8月下旬から10月上旬までのコンディション不良から復帰後第1号。自身8月2日巨人戦以来の久々の1発となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加