新型コロナ  高知県で過去最多の1,192人の感染確認

新型コロナ 高知県で過去最多の1,192人の感染確認

  • KUTVニュース
  • 更新日:2022/08/08

新型コロナについて8月6日、高知県内では過去最多となる1,192人の感染が確認されました。4人が死亡しています。

高知県の発表によりますと新たに感染が確認されたのは10歳未満から100歳代までの男女1,192人です。高知県では今週だけで3度目の“過去最高”の更新です。感染経路不明については調査がもはや追いつかず正確な数の把握が困難になっています。新たなクラスターは高齢者施設や医療機関などで8件確認されていました。さらに4人の死亡が報告されました。4人は60代女性、80代女性、90代の男性・女性でいずれも別の病気で入院治療中だったということです。市町村別では高知市が604人、南国市が108人など31の市町村で感染が確認されています。県では「第7波のピークはまだだと思われる。これからよさこい、インターハイの後半戦が控えており人の動きが増える。普段会わない人と会食する際は事前の検査をすることが望ましい」と一般的な感染対策に加えより一層の警戒を呼びかけています

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加