TBS近藤夏子アナ マレーシアで過ごした2歳の時の写真披露「#相変わらず顔の半分おでこ」

TBS近藤夏子アナ マレーシアで過ごした2歳の時の写真披露「#相変わらず顔の半分おでこ」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/02/22

TBSの近藤夏子アナウウンサー(24)が21日、自身のインスタグラムを更新し、マレーシアで過ごしていた時の幼少期の写真を投稿した。

No image

TBS・近藤夏子アナウンサー

近藤アナは、父親の仕事の関係で生後5カ月から5歳までマレーシアの首都クアラルンプールで過ごした。写真は近藤の倍ほどもあるクリスマスツリーの前で、半袖の白いワンピースを着てほほ笑むもの。

「朝、お父さんが嬉しそうに何かを手渡すからなにかと思ったら昔の写真でした!笑 自分のデスクから出てきてそう マレーシアに住んでいたので半袖だけどクリスマス!!!!!」と説明。日付は98年12月となっていることから2歳の時の写真で、「#相変わらず顔の半分おでこ」と付け加えている。。

さらに「今の私の身長と同じくらいの我が家のクリスマスツリー。昔は見上げるほど大きかったなと思い出しました てっぺんに星を乗せたいけれど届かなくて抱っこしてもらってたな」と思い出を記し「手軽にスマホでいつでも写真が撮れる時代ですが紙に印刷してある写真はひとつひとつ丁寧にアルバムしてあってあたたかみを感じた朝でした どっちの写真もいいところがありますね」と紙焼きの写真への思いもつづった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加