スタバの偽グッズを販売疑い 43歳会社員を書類送検

スタバの偽グッズを販売疑い 43歳会社員を書類送検

  • 毎日新聞
  • 更新日:2022/11/25
No image

女性会社員の自宅から押収された、偽物のスターバックスのトートバッグやコースター=川崎署で2022年11月25日午後1時18分、田中綾乃撮影

米コーヒーチェーン大手スターバックスの偽物のトートバッグやコースターなどを販売したり販売目的で所持したりしたとして、川崎署などは25日、川崎市川崎区の女性会社員(43)を商標法違反(侵害とみなす行為)などの疑いで横浜地検川崎支部に書類送検した。女性は中国のショッピングサイトで偽物のグッズを仕入れ、フリーマーケットアプリで転売していた。「生活費の足しにしたかった」と容疑を認めている。

話題になった、ピカピカロッカールームの舞台裏

送検容疑は、2021年5~8月、偽物のトートバッグなど7点を3人に計8110円で販売。また同年12月、偽物のグッズ計495点を販売する目的で所持したとしている。女性は偽物のトートバッグについては約1000円で仕入れ、2450円で転売していたという。【田中綾乃】

毎日新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加