兵庫・兄弟死亡放火事件で伯父逮捕 殺人と放火容疑認める

兵庫・兄弟死亡放火事件で伯父逮捕 殺人と放火容疑認める

  • FNNプライムオンライン
  • 更新日:2021/11/25
No image

兵庫・稲美町で、小学生2人が死亡した放火事件で、行方がわからなくなっていた同居していた伯父が逮捕された。

殺人と現住建造物等放火の疑いで逮捕されたのは、無職の松尾留与容疑者(51)。

松尾容疑者は11月19日深夜、稲美町の自宅に火をつけて、ほぼ全焼させ、この家に住むおいで小学6年の松尾侑城君(12)と、小学1年の眞輝君(7)を殺害した疑いが持たれている。

火事のあと、伯父である松尾容疑者の行方がわからなくなっていて、警察は、消防に通報が入る直前に付近の防犯カメラに映っていた不審な男が松尾容疑者とみて、行方を捜していた。

24日午後、大阪市北区の公園付近で、松尾容疑者とよく似た男が1人でベンチに座っているところを捜査員が発見、職務質問し、身柄を確保した。

確保された際、松尾容疑者は抵抗する様子はなく、スマートフォンは持っていなかったという。

松尾容疑者は「間違いありません」と容疑を認めていて、警察は事件のくわしい経緯を調べている。

関西テレビ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加