“10歳”になった超特急が新成人にライブでエール!

“10歳”になった超特急が新成人にライブでエール!

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/01/15
No image

昨年12月に結成10周年を迎えたダンス&ボーカルグループの超特急が14日、東京・中央区の日本橋三井ホールでアニバーサリーイベント「超特急と成人式」を開催した。

超特急が“10歳”になったことにちなんで、20歳の新成人と1/2成人式を迎える10歳を対象にしたライブ。客席には晴れ着姿の人も多く、メンバーの10歳&20歳の時の秘蔵写真やお悩み相談など、アニバーサリーらしくスペシャルな内容となった。

人気楽曲「Yell」が流れ出すと、黒のフォーマルなスーツを着た5人が登場。カイ(27)が「今日は僕たちと同じく10歳を迎えた方々、20歳を迎えた方々と一緒にお祝いして、何よりも楽しい日にできれば」と言うと、会場の8号車(ファン)も声援で応えた。

事前に8号車から募集したお悩みに答えるコーナーでは、「さりげなく親孝行するための良い方法を教えて」に、タカシ(25)が「自分は高校生の時に手紙を書いた」と言えば、タクヤ(27)は「ビールとか注いであげれば?」とアドバイス。最後はカイの「生きてるだけで、みんな親孝行だよ」という言葉に、会場はさらに一丸となった。

ライブの最後は応援ソング「fanfare」を披露し、リョウガ(27)は「超特急は去年の12月に10歳の誕生日を迎えることができましたが、20歳の誕生日を迎えられるように、皆さんの背中を押していけるように、誰よりも速く突っ走っていきたいと思っております。悲しいこと、つらいことがあった時に僕たちが支えになれるように、俺たちらしくやっていきます!」と今年1発目のライブを締めくくった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加