岩田剛典×新田真剣佑の初共演作 衝撃の“エンドロール”に導かれる特報完成&21年1月29日公開

岩田剛典×新田真剣佑の初共演作 衝撃の“エンドロール”に導かれる特報完成&21年1月29日公開

  • 映画.com
  • 更新日:2020/09/17
No image

柄本明、大友康平、石丸謙二郎が「名も無き世界のエンドロール」に参戦 (C)行成薫/集英社 (C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会

岩田剛典(「EXILE」「三代目J Soul Brothers」)と新田真剣佑の初共演映画「名も無き世界のエンドロール」が、2021年1月29日に公開されることが決定し、あわせて特報とティザービジュアルもお披露目。新たに柄本明大友康平石丸謙二郎らが参戦していることも発表された。

「第25回小説すばる新人賞」を受賞した行成薫氏の同名小説を、佐藤祐市監督(「ストロベリーナイト」「累 かさね」)が映画化。表と裏、ふたつの世界でのし上がる青年たちの“復讐”の物語を紡ぐ。岩田が殺人をもいとわない“闇の交渉屋”キダ、新田が会社経営者として表舞台を歩くマコトを演じ、深い絆で結ばれたバディを体現。山田杏奈が少年期にふたりと知り合う転校生・ヨッチ役、中村アンが政治家の令嬢で、トップモデルとして芸能界で活躍するリサ役で共演した。石丸はリサの父親で、大きな影響力を持つ政治家、大友はキダが裏社会に入るきっかけを作った自動車修理工場の社長、柄本は裏の世界で暗躍する組織のトップに扮している。

No image

複雑な家庭環境で育ち、寂しさを抱えるキダとマコトは幼なじみ。同じ境遇のヨッチも加わり、3人は支え合いながら生きてきた。しかし、20歳の時に起こった“ある事件”をきっかけに、ヨッチはふたりの前から姿を消してしまう。そんなある日、住む世界の違う女性・リサが現れる。リサに異常な興味を持ったマコトは、彼女を食事に誘うが全く相手にされず、仕事を辞めてこつ然と姿を消してしまう。2年後、マコトを探すために裏の世界に潜りこんでいたキダは、貿易会社社長を務めるマコトと再会。そして迎えたクリスマスイブの夜、マコトはキダの力を借り、リサへのプロポーズを決行しようとする。それは、ふたりが10年の歳月を費やし企てた、日本中を巻き込む“ある壮大な計画”だった。

岩田がナレーションを務める特報の冒頭では、“名も無き世界”で仲間になったキダ&マコト&ヨッチが仲良くじゃれ合う回想シーンが展開。しかし雰囲気は一変し、キダとマコトのシリアスな表情が映し出されたかと思うと、「この物語には仕掛け(トリック)がある」というメッセージが現れる。ふたりが用意した、ラスト20分で描かれる衝撃の“エンドロール”へのカウントダウンが響く、緊張感あふれる映像に仕上がった。

ティザービジュアルは、現実感を欠いた薄紫色の空の下に、意味深な面持ちでたたずむキダとマコトをとらえている。「名も無き世界のエンドロール」は、21年1月29日から全国公開。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加