ミランとユベントスがイタリア代表同士で今夏トレード画策か!契約年数や代理人は...

ミランとユベントスがイタリア代表同士で今夏トレード画策か!契約年数や代理人は...

  • Football Tribe Japan
  • 更新日:2021/04/07
No image

アレッシオ・ロマニョーリ 写真提供: Gettyimages

ミランとユベントスはイタリア代表DFアレッシオ・ロマニョーリとイタリア代表FWフェデリコ・ベルナルデスキのトレードを今季終了後に行うかもしれない。6日、イタリアメディア『フットボールイタリア』が伝えている。

ロマニョーリはロマニョーリは2015年夏にローマからミランへ完全移籍により加入すると、多くの出場機会を得てディフェンス陣の中心選手に成長し、2018/19シーズンからはキャプテンを務めている。今季はここまで公式戦28試合に出場しているが、先月中旬に戦線離脱。くわえて周囲では今年1月にチェルシーから加入したイングランド代表DFフィカヨ・トモリとの序列に変化が生じているという見方が広まっている。

一方、現在27歳のベルナルデスキは今季ここまで36試合に出場しているが、両サイドや中盤、トップ下にくわえて今年1月以降は左サイドバックで起用されており、起用法が定まっていない現状に直面している。

ロマニョーリとベルナルデスキはクラブとの契約期間が2022年6月に満了を迎えることにくわえて、代理人がいずれもミノ・ライオラ氏であることからトレードの可能性がにわかにささやかれている。難しい時期を迎えている両選手だが、所属クラブを変えるという決断を下すことはあるのだろうか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加