新日本G1・鷹木、鈴木に神宮のリベンジも不満爆発「ニヤニヤしやがって」

新日本G1・鷹木、鈴木に神宮のリベンジも不満爆発「ニヤニヤしやがって」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/17
No image

鈴木みのる(左)を攻める鷹木信悟=両国国技館

「プロレス・新日本」(16日、両国国技館)

20選手がA、Bの2ブロックに分かれて争うシングルリーグ戦「G1クライマックス」Aブロック公式戦の最終戦が行われ、鷹木信悟が鈴木みのるを破って4勝5敗で終えた。鈴木は3勝6敗。

2人は、鷹木が8月の神宮球場大会で鈴木の持つNEVER無差別級王座に挑戦して敗れて以来の対戦。ともにブロック敗退が決まっているが、リベンジに燃える鷹木は鈴木とエルボー、頭突き、ラリアットなどで激しい打撃戦を繰り広げた。

右腕を厳しく攻められ、終盤にはワキ固めにもん絶しながらも何とか脱出。最後はカウンターのナックルを顔面にたたき込んでチャンスをつかみ、必殺のラスト・オブ・ザ・ドラゴンで3カウントを奪った。

リベンジを果たしたものの、試合後の鷹木は「最後勝って有終の美か。ふざけんなよ。勝つには勝ったが、全然スッキリしねえ」と険しい表情。「鈴木の野郎、3つ取られてもニヤニヤしやがって。どんな状態になっても上から目線か。神宮の借り?関係ねえな。こんな勝ちじゃ、アイツに対してこの感情は収まんねえよ」と不満をぶつけながらも、「激烈のG1。激烈の秋。オレのG1は終わりかもしれねえが、正直、秋はまだ終わらせたくねえ。このまま終わらすつもりはねえからな」と前を向いた。

一方、鈴木はブロック敗退にもかかわらず、「次、誰だあ!オイ、オレの相手、誰だ。G1、オレの次、次の対戦相手、誰だ」とおぼつかない足取りで言い残して去っていった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加