家族で初のビーチクリーン

家族で初のビーチクリーン

  • LEE web
  • 更新日:2022/09/23
No image

こんにちは。

沖縄在住 さんぽです。

私の住む町は

近くに森も海もあって

大好きな場所。

生き物好きな息子と水遊びが好きな娘と共に

毎週のように行っている海。

干潮時には歩いていても珊瑚が見えるし、

生き物の種類や数も多く、魅力的な海です。

No image

いつも遊んだ帰りには、持っているバケツや袋にゴミを拾って帰るけど、

最近はゴミの量も増え、持ち帰るのも大変。

ある日、思い立ち、役場の住民環境課にビーチグリーンをした場合、

ゴミの収集をお願いできるかご相談。

可能という返答をいただき、家族でのはじめてのビーチグリーン決行しました。

いつもは、海の綺麗なところを探すけど、

今日はゴミを探すのです。

でも、探す必要なんてなし。

ゴミはそこかしらに見えています。

No image

忘れ物からゴミになったもの、

風に飛ばされてゴミになったもの、

もういらなくなってゴミになったもの。

拾っていて1番嵩張ったのは漁具。

大きな箱状ものやブイ、ロープ、エサいれなどの釣具の数々。

ビニール類や使い捨てコップ、歯ブラシやキャップ類、元が何だったか分からないプラスチック製品も無数。

これらはもう粉々になっていたり、引っ張ると破れてしまったり、砂に埋まって取り出せなかったり。

あと酒瓶。

シーグラスは綺麗だけれど、元は鋭利なガラスです。

裸足で歩くことが多い場所なので

ガラスや金属は優先的にひろいました。

うっかり手元を離れたものもあれば、

わざわざ捨てに来たの?というものも。

拾っていると声をかけてくださる方や

一緒に拾ってくださる方もいました。

夕方から2時間で

70ℓのゴミ袋12袋分。

それに入りきらないサイズのゴミもたんまり。

No image

完璧に拾う、なんてことは無理。

今日はここまで、と決めないと

ずっとずっとずっと終わらない。

そして、また、風や波にのって

また新しいゴミがやってくる。

ちゃんと向き合うと、

思ってたよりずっとゴミが多い。

目を逸らしていたんだと気づきます。

こんなに素敵な海。

「昔はとても綺麗だったんです」

なんて言いたくない。

毎月は無理でも、

2ヶ月に一度はやっていきたいビーチグリーン。

ずっとずっと生き物も珊瑚もいっぱいの

美しい海でいてほしいと、強く感じた日になりました。

LEE100人隊 さんぽ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加