【ジャパンC1週前追い】マカヒキ、凄い闘志で11秒9 新コンビ三浦「一瞬でトップスピードに上がった」

【ジャパンC1週前追い】マカヒキ、凄い闘志で11秒9 新コンビ三浦「一瞬でトップスピードに上がった」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/21

「第40回ジャパンC」(29日、東京)の1週前追い切りが行われ、16年ダービー馬マカヒキ(牡7=友道)は新コンビの三浦が美浦から駆けつけて騎乗。CWコース3頭併せの最内から力強く抜け出し、楽々と2馬身先着した。時計は6F80秒4~1F11秒9。

No image

三浦騎手が乗り、CWコース3頭併せで先着したマカヒキ(左)

初めてまたがった鞍上は「凄い闘志で走る気満々。仕掛けてから、一瞬でトップスピードに上がってくれた。まだまだ若いですよ」と好感触をつかんだ。当レースは17年4着、19年4着と崩れていない。新コンビで今年も上位進出を狙う。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加