ロッテ・佐々木朗 2度公式戦最速タイ158キロ、初回は無失点

ロッテ・佐々木朗 2度公式戦最速タイ158キロ、初回は無失点

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/10/15
No image

力投する佐々木朗(撮影・神子素慎一)

「オリックス-ロッテ」(14日、京セラドーム大阪)

ロッテの佐々木朗希投手が初の中6日で先発し、宮城との投げ合い、初回は岡のスーパーキャッチに救われるなど、この回を無失点に抑えた。

3点リードの援護点をもらった初回の投球。福田を右飛。次打者の宗の左中間の打球は岡がダイビングキャッチに中飛に。手をたたいて喜んだ。紅林には右前打。杉本への2球目と、4球目に公式戦最速タイの158キロをマークした。

右前打を浴び一、二塁となったが、続くモヤを二ゴロに抑え、得点を許さなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加