新型コロナワクチン接種『アナフィラキシーショック』初動対応を学ぶ(熊本)

新型コロナワクチン接種『アナフィラキシーショック』初動対応を学ぶ(熊本)

  • TKUテレビ熊本
  • 更新日:2022/11/25
No image

テレビ熊本

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

もしもの時の初動対応を学びました。新型コロナワクチンの接種に従事する看護師を対象に、急激なアレルギー反応『アナフィラキシーショック』に対応する研修会が25日、熊本市で開かれました。

この研修会は、熊本県内各地の集団接種会場に看護師を派遣しているナースパワー人材センターが開いたもので、ワクチン接種に従事する看護師約50人が参加しました。

11月5日、愛知県愛西市の集団接種会場で、ワクチン接種を受けた40代の女性の容体が急変して死亡したことをきっかけに開かれました。

25日の研修会では、救急救命士のインストラクターが愛知県の事例を時系列で示し、容体の変化と対応の記録からどのような初動対応が適切だったかを参加者で検討しました。

【参加者した看護師】

「実務で救急対応はあまり経験がないので、忘れていたこともあり、勉強になった」

「少ない人数で対応する接種会場もあるので、お互いのコミュニケーションは大事だと思った」

参加者は、接種後の容体急変を想定したシミュレーションを通して、アドレナリン投与など、素早く冷静な判断を医師といかに連携して行うかを学んでいました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加