スアレスの「不正合格」事件、試験監督が懲役刑に

スアレスの「不正合格」事件、試験監督が懲役刑に

  • Qoly
  • 更新日:2021/02/26

昨年夏にユヴェントスへの移籍が噂されていたルイス・スアレス。
ただ外国人枠の問題があったことからスアレスはイタリア市民権の取得が必要になり、それに向けてイタリア語の試験をペルージャ外国人大学で受けることになった。
しかしながらその試験には大きな問題があったことが明らかになっている。
ペルージャ外国人大学は、ユヴェントス側から送られてきた要求を達成し、大学のイメージを高めるため、スアレスへ事前に試験

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加