元スイス代表FWメーメディ、ヌリ・シャヒン率いるアンタルヤスポルに移籍

元スイス代表FWメーメディ、ヌリ・シャヒン率いるアンタルヤスポルに移籍

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/01/16
No image

トルコのアンタルヤスポルは14日、ヴォルフスブルクから元スイス代表FWアドミール・メーメディ(30)を獲得したことを発表した。契約は2024年までとなる。

【動画】単独突破!思わず唸るドリブルゴール Best3

母国の名門チューリッヒでプロキャリアをスタートさせたメーメディは、ディナモ・キエフやフライブルク、レバークーゼンを渡り歩いて、2018年1月にヴォルフスブルクに加入した。加入後まもなくケガに見舞われてしまったものの、本格始動となった2018-19シーズンはブンデスリーガ26試合で6ゴール7アシストの成績を残した。

しかし、翌シーズン以降は目に見える結果が出せなくなり、昨季はチームの躍進とは裏腹に、個人としてはリーグ戦18試合2アシストにとどまった。そして今季はほとんど構想外となり、ブンデスリーガ開幕節のボーフム戦の3分間の出場を最後にピッチに立つことはなかった。

ユーロ2020を最後に76キャップを数えたスイス代表からも引退した30歳は、新天地としてアンタルヤスポルを選択。同クラブでは昨年10月から元トルコ代表のヌリ・シャヒンが監督を務めており、ブンデスリーガでしのぎを削った相手と共闘することになる。

なお、チームは現在スュペル・リグで15位と苦戦。降格圏と17位とは4ポイント差となっている。

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
スマホやFire TV、PCやタブレットで楽しみ方いろいろ!
>詳しくはこちら

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加