お菓子を手作りするのはどうして?市販品にはない手作りならではの魅力とは

お菓子を手作りするのはどうして?市販品にはない手作りならではの魅力とは

  • ママスタセレクト
  • 更新日:2021/09/16
No image

今はコンビニやスーパーでも、質の高いお菓子やデザートが手軽に買えるようになりました。しかしお菓子作りが好きで、家で手作りしているママもいるでしょう。ママスタコミュニティに「お菓子を手作りする人」に向けて、疑問の投稿がありました。

『お菓子を自分で作るのはどうしてですか? 市販のお菓子の方がおいしいし、時間も材料代もかかるはず』

お菓子を手作りしない人からすると、わざわざ手間暇や材料費をかけてお菓子を手作りするメリットが、あまり感じられないのかもしれませんね。

手作りでしか味わえないおいしさや満足感がある!

投稿にはお菓子を手作りするママたちから、市販のお菓子にはない手作りの魅力が続々と寄せられました。

作る工程が楽しい!できあがったときの達成感がたまらない

『市販のお菓子がどういう行程で作られているのかを試作したり、わかったりするのが楽しい。好奇心が満たされるのかもしれない』

『作る工程が楽しい。多少失敗しても、自分で作ったものならおいしく食べるし、「次はもっとうまく作ろう」とチャレンジする気持ちになれる』

『お菓子も料理も、自分が想像した味や見た目に作れると達成感がある』

『仕上げから焼きあがりの瞬間が、なんともいえない達成感! できあがる瞬間のために作っている感じ』

お菓子を作る工程そのものが楽しいという声がありました。お菓子に限らず、集中して何かに取り組んだ結果が目に見える形で得られると達成感がありますよね。たとえ失敗しても分量や焼き加減を調整するなど、試行錯誤することは理科の実験のようです。筆者もお菓子を手作りすることがあります。失敗したときは「次は混ぜすぎないように気をつけよう」、「オーブンの温度を変えてみよう」など、反省点をメモして次回に活かすようにしています。

市販品にはない味わいがたまらない

『市販のお菓子もおいしいと思うし、食べるよ。でも手作りのお菓子は、特別感があって好き。まったく別物かも』

『手作りのお菓子大好き! 市販のお菓子と違ったおいしさがある』

『買ってきたほうが早いんだけど、手作りにしか出せない味がたまに恋しくなる。ケーキ屋さんのケーキもおいしいんだけど、手作りの素朴な感じも私は好きだよ』

『外食とかお弁当ばっかりだと飽きちゃうのと同じで、シンプルなものが食べたいときもある』

ママたちからは「手作りのお菓子ならではのおいしさがある」との声も。市販のお菓子にはない味わいがあると感じているようです。たまにやさしくて素朴な味が恋しくなる気持ちは、お菓子を手作りするママなら共感できるかもしれませんね。

オーブンからの香り。できたてが食べられる。作り手だけの特権がある!

『カスタードクリームや焼き立てのパンは、鮮度が命だと思う。店頭に長時間並んだものじゃなくて、食べたい時間に合わせて作ったものって、本当においしいよ』

『お菓子が焼き上がるときに、キッチンやリビングに甘くていい香りが漂うのって、最高に幸せな気分になるんだよ』

お菓子が焼けるときにオーブンから漂うあまーい香り。なんとも言えない、幸せな気持ちにさせる力もある気がしませんか? たしかに市販のお菓子では味わえない、手作りするからこその特権といえそうです。

子どもが喜んでくれる!

『子どもたちはお菓子を手作りすると、すごく喜んでくれる。うれしくてまた作っちゃう』

『子どもと作ると楽しいし、子どもも喜ぶ! もちろん市販のお菓子も食べます』

『市販品やデパ地下のお菓子も買うけど、子どもが「ママの作ったお菓子食べたーい」って言うから、余力があるときは作るよ』

『子どもが帰ってきたら「なに焼いているの~?」ってワクワクしながら家に入ってくるとき、うれしい気持ちになる』

子どもに「おいしい!」「また作って!」と言われると、お菓子を手作りしてよかったと励みになりますよね。なかにはお菓子作りの時間を、親子で共有して楽しむ人もいるのでは? 筆者も子どもたちに「お菓子や料理を手作りする楽しさも、伝えられたらいいな」と、子どもとお菓子を作る日があります。「たのしい〜!」という子どもたちの様子を見ていると、たとえキッチンに粉が舞い、クリームがあちこちにつこうとも発狂するのはこらえています(笑)。

お菓子によっては、買うよりお得!?

『プリンやシフォンケーキなんて、作れば安くたくさん食べられる』

『いいバターやナッツ、フルーツを使って作ると本当においしいよ。手間と時間はかかるけど、ケーキ屋さんで買うより断然安いと思う』

『旦那は甘い物が好き。毎日買うとお金がかかるから、パウンドケーキやマフィンを手作りするようになった。思っていたより簡単でおいしいよ。材料費が高くて、買ったほうが安いと思うものは手作りしない』

お菓子によっては、家にある材料で作れるものもあります。材料費が思ったほどかからなければ、市販のお菓子を買うよりも安く、たくさんの量を作れるのはお得ですよね。

思いのままにアレンジできるのは、手作りお菓子の魅力

自分が思うように作れるのは、お菓子を手作りする魅力とママたち。なかにはレシピどおりではなく、アレンジしてお菓子を手作りしているママもいるようです。

自分だけのオリジナル菓子が作れる

『市販のお菓子を食べたときに感じる「もうちょっとこうだったらいいに」を叶えるために手作りします。「フルーツケーキのレーズンがもっと入っているといいのに」、「アイシングをもっとたっぷりにしたい」などです』

『甘さを控えめにしたり、好きな材料で作れたりするところがいい。料理も自分の好きな食材を使って、アレンジするよね?』

『市販のお菓子は甘すぎることがあるので、自分で砂糖を少なめにして作っています』

自分好みの味や量にできるのは、お菓子を手作りする大きな魅力ですよね。手作り菓子には市販のお菓子のようなコストや工程の制約はないので、自分好みに理想のお菓子が作れて楽しいでしょう。たとえば絵本に出てくるようなお菓子や、「バケツプリン」などのメガスイーツを手作りするのも夢ではありません!

安心の材料で、添加物を気にせずにすむ

『高くついても、安心できる材料を自分で選べるから』

『材料や分量を把握できるのがいいなと思う。コーヒーゼリーを作ったとき、分量どおりの砂糖を入れているのに甘く感じなかった。市販のコーヒーゼリーは、どれくらい甘味料が入っているのかと怖くなった』

『香料や保存料を入れずに作れるから安心』

『手作りって本当においしいよ。カロリーが気になるときは材料で調整できるし、添加物や防腐剤も入っていないし、最高よ!』

自分が目で見て選んだ材料だけで作れるのも、お菓子を手作りする魅力のひとつ。家族にはできるだけ、安心できるものを食べさせたいとの思いも叶えられます。手作りのお菓子は、小麦や卵など食物アレルギーがある方にも対応できるので、安心ですよね。

筆者の実母は元菓子職人で、お菓子作りの趣味が高じてプロになりました。実母に投稿者さんの質問をしてみると、「家庭料理ってあまり飽きないよね? 手作りのお菓子も同じかもしれないね」との回答でした。たしかに「飽きない」のも、お菓子を手作りする魅力かもしれません。しかしお菓子作りは時間と心に余裕がないと、難しい側面も。だからこそ日常のなかにお菓子作りの時間が作れたら、おいしさはもちろん贅沢な気分も味わえるかもしれません。手作りのお菓子と市販のお菓子には、それぞれのよさがあります。ママ自身の生活リズムに合わせて、手作りか市販のお菓子を選びわけ、自分の好みで毎日のおやつタイムを楽しめるといいですね。

文・rollingdell 編集・藤まゆ花

ママスタセレクト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加